歴史の中のサンカ・被差別民 (新人物往来社文庫)

制作 : 『歴史読本』編集部 
  • 新人物往来社
3.40
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404040923

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 農耕・定住をせず山奥の村々を渡り歩く漂泊の民・サンカをはじめ、インドのカースト制度や朝鮮の白丁にも言及し、被差別民族全般を論じた一冊。九州大学の服部教授のフィールドワークが興味深い。終章は待ってましたとばかりに水平社の概要。

  • サンカ…非常に気になる人々である。
    昭和の頃まではまだいたらしい。
    前々から気にはなっていたが今回たまたま書店で見かけて購入。
    買った後気づいたけど、宮台と宮崎学が対談しとるM2(笑)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

『歴史読本』は59年の歴史を持つ老舗雑誌。2015年に本誌が休刊となったのちも、ウェブ・書籍・文庫・ムックにて良質な歴史コンテンツを提供している。

「2017年 『誰も教えてくれなかった 日本史有名人の子孫』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする