ミュシャの世界

制作 : 新人物往来社  堺市立文化館 アルフォンス・ミュシャ館 (協力) 
  • 新人物往来社
4.03
  • (11)
  • (9)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 125
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404041814

作品紹介・あらすじ

優美にして華麗。アール・ヌーヴォーの寵児が描く「様式の美」。ポスター、装飾パネル、工芸デザイン、傑作"スラヴ叙事詩"。ベルエポックに花開いた芸術家の珠玉の作品を完全収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミュシャの画集や図録は、出版されたら購入してしまう。。。これって病気?

    新人物往来社のPR
    「アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナーで、星、宝石、花などのさまざまな概念を女性の姿を用いて表現するスタイルと、華麗な曲線を多用したデザインが人気のアルフォンス・ミュシャ。その作品をオールカラーで多数収録した、決定版ビジュアル書。」
    堺市立文化館 アルフォンス・ミュシャ館
    http://mucha.sakai-bunshin.com/

  • アルフォンス・ミュシャ氏の画集と、彼の歴史の解説で構成されています。作品を全て網羅している訳ではありませんが、有名所は押さえています。このサイズでは煩い解説やレイアウトも、画集を意識して絵を魅せる事に力を入れているのが伺えます。
    小さめな画集としては『究極の一冊』と豪語するのも頷けます。
    ミュシャに興味を持った時、入門書として手に取るのに最適だと思う一冊です。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「絵を魅せる事に力を入れている」
      イイですね!
      展覧会にも行きたいと思っていて、行けば図録も欲しくなる、、、今年はミュシャで結構お金使っちゃ...
      「絵を魅せる事に力を入れている」
      イイですね!
      展覧会にも行きたいと思っていて、行けば図録も欲しくなる、、、今年はミュシャで結構お金使っちゃいそうです。。。
      2013/05/11
  • 全ページカラーで、簡単な説明と、たくさんの絵が紹介されている。
    2017/3/6

  • ミュシャの絵の変遷を楽しむことができた。後期には絵のスタイルが極端に変わっていて驚いたのを覚えている。ポスターとして描かれているものの方が気軽に見られるが、宗教や民族をテーマにした作品群も重厚感があって素晴らしい。

  • アール・ヌーヴォーの流行の最先端を行き、華麗な様式美を駆使したリトグラフの使い手であるミュシャの作品集。美術本は大きくかさばるイメージだが単行本サイズであるので、なんとも親しみやすい美術本である。装丁も上品に整っているし、ページごとの版画も色褪せることなく表現されている。

    ミュシャの作品は一目で僕の心を射抜いた。中でも黄道十二宮は僕の一番のお気に入りだ。溢れ出る物語につい想像をめぐらしてしまう。彼が出世するきっかけは大女優・サラ・ベルナールの舞台「ジスモンダ」のポスター依頼が、工房の人間のほとんどが休暇中のため、彼に仕事が舞い込んだことによる。最初は工房主にその出来を、あまりにとっぴな作風のため、受け入れがたいものとされたが、当のサラはとても気に入ってしまったという。そして、ミュシャを一躍有名にさせた出世作「ジスモンダ」が世に出たのである。別の文献によれば、女優は闇の中の存在、つまり舞台でしか会えない存在であった。しかし、それを世の光へと開放せしめたのがミュシャのポスターであり、だれしもが街頭でサラに会えるようになったのだという。

    また、パリ万国博覧会のためにミュシャが制作した「スラブ叙事詩」もまた圧巻である。これは迫害の歴史の持つスラブ民族の壮大な絵巻となっている。スラブとは奴隷を意味する英語slaveの語源となっている。奴隷といえば、黒人奴隷を想起しがちだが、白人で金髪碧眼の奴隷の確たる例がスラブ民族の奴隷にされた歴史であろう。ミュシャのスラブ民族にたいするノスタルジックな想いを感じ取ることができそうである。

  • サラベルナールの写真は見るべきではない。
    デザイナーとしてのミュシャ、画家としてのミュシャ、続けてみるとやはり前者のセンスがすば抜けている。特に4連作シリーズ素晴らしい。4つの花、4芸術、刻、宝石、特に星が妖美さに惹かれる。

  • ちょーかわいい。紙幣もデザインしてたとは知らなかった。

  • 2013年2月刊。アルフォンス・ミュシャの作品集。本のサイズも大きすぎず、厚すぎず、内容もコンパクトにまとまっていて、手軽に鑑賞できます。出世作の『ジスモンダ』は、やっぱり何度見てもいいですね!

  • アール・ヌーヴォーの寵児・ミュシャが描く「様式の美」。ポスター、装飾パネル、工芸デザイン、傑作"スラヴ叙事詩"など、珠玉の作品を完全収録。
    来月から六本木で開催されるミュシャ展に、友人が行きたいと言い出し、全然詳しくなかった私ですが偶然図書館の新着本コーナーにあったのを発見して手に取ってみました。さすがに表紙にあるようなアール・ヌーヴォーのポスターなどの作品は見覚えがあったのですが、祖国チェコに戻ってからの作品は油彩が多いのですね、知りませんでした。一番好きな作品は『一日の四つの時』かな。『トラピスティーヌ』もいい。私はどうやら初期のが好きみたいです。女性の曲線描くの上手すぎるし乙女チックだから、この本読むまで、ミュシャ女性だと勘違いしてた・・・。才能半端ない。
    私はそこまでミュシャ好きじゃないけど、ファンにとってはこの本作品いっぱい載ってるし何よりアート本にしては安くていいんじゃないかと。そこそこ画質・紙質もいいと思います。

全13件中 1 - 10件を表示

ミュシャの世界を本棚に登録しているひと

ツイートする