土方歳三と新選組10人の組長 (新人物往来社文庫)

  • 新人物往来社
3.52
  • (3)
  • (8)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 141
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784404042279

作品紹介・あらすじ

最新研究から明らかになる歳三の生涯と10人の組長列伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 創作でなく、歴史資料から導き出した、新撰組組長10人の列伝。

    今まで印象付けられていた人物像が、真の姿を現します。
    みたいな感じで面白かったです。

    大袈裟ですが。

    しかし、タイトル「土方歳三と~」なんですね。近藤勇じゃないんだね。序列からいうと、近藤なんだけど。列伝の趣としては、土方の方がいいのでしょうか。

    ま、自分も土方好きですけどね。

  • 新撰組幹部列伝。
    武田が意外と腕がたつとは知らなかった。だからこそ齋藤一あたりが暗殺した噂になったのかもしれぬ。

  • 新撰組に関する小説かドラマを見て、出来事の流れをわかってから本書を読むと、より理解が深まるのではないでしょうか。
    司馬遼太郎が「燃えよ剣!」とタイトルをつけた意味が、わかったような気がします。

    ただ、3人の著者によって書かれているのですが、文章のわかりにくい人がいて、そこが残念でした。

  • 新撰組の主な人物についての紹介が書かれている本。
    読みやすい文体で書かれているので入門には最適。
    また、それほど偏った視点ではなかったようにおもうのでその点はすごく気を使っていたのかなと思う。

    新撰組について詳しい人からしたらちょっと物足りないかと。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

昭和26年(1951)、東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業。新選組を視点にした幕末維新史の研究を在野で続ける。新選組検定運営事務局主催の「新選組検定」(第1回~第5回)の監修を担当。新選組をテーマとした著書に、『新選組謎解き散歩』(新人物文庫)、『新選組謎とき88話』(PHP研究所)、『新選組の新常識』(集英社新書)、『土方歳三日記(上・下)』(ちくま学芸文庫)。共編に『新選組日誌(上・下)』(新人物文庫)などがある。

「2020年 『最新版 新選組検定公式ガイドブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊地明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×