作品紹介・あらすじ

幕末維新史は、勝者である薩長サイドの史観で語られてきた。「朝敵」の汚名を着せられた地域は長らく不遇な立場に置かれ、「官軍」と戦った佐幕派の物語も陽の目を見ることはなかった。本書はそうした佐幕派の生き様を伝えるエピソードを集め、ゆかりの地域ごとに紹介していく。それぞれの郷土の先人たちが、果たして「逆賊」であったのか、それとも義をつらぬいた信念の人だったのか、「敗者」の歴史を掘り起こすことで明らかにしていきたい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 賊軍、朝敵、旧幕府軍として歴史上スポットライトが当たらなかった最後の武士達からあまり知られていない幕末をみることができます。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1935年、宮城県仙台市に生まれる。一関第一高校、東北大学文学部卒業後、福島民報社記者となり、福島中央テレビ役員待遇報道制作局長を経て、歴史作家になる。日本大学大学院総合社会情報研究科博士課程前期修了。
著書には『伊達政宗 秀吉・家康が一番恐れた男』『京都大戦争』『呪われた明治維新』『明治維新 血の最前戦――土方歳三 長州と最後まで戦った男』『呪われた戊辰戦争』(以上、さくら舎)、『偽りの明治維新』(だいわ文庫)、『斗南藩――「朝敵」会津藩士たちの苦難と再起』(中公新書)などがある。
『奥羽越列藩同盟』(中公新書)で福島民報出版文化賞、会津藩と新選組の研究でNHK東北ふるさと賞、『国境の島・対馬の今』(現代書館)で日本国際情報学会功労賞を受賞。

「2019年 『武士道の英雄 河井継之助』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星亮一の作品

ツイートする