原色 日本島図鑑―日本の島433有人島全収録

著者 :
  • 新星出版社
3.81
  • (9)
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 102
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784405071308

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  「我が日の本は島国よ…」と、森鴎外作詞の「横浜市歌」にある。
     島が多いということは何となく知っていたものの、人が住んでいる島だけでも433あるという。
     狭い日本なんて誰が言った。日本は広く、島々がさざめくすばるのよう。どのページをめくっても驚きのある一冊。

  • 島国日本・・・日本の文化は島だからこそ育ちました。
    シーカヤック・セーリングカヌーでアイランドホッピングを趣味にする私にはたまらない一冊でした。
    島の形状・風土・特徴・産物などフルカラーで紹介されており楽しく島めぐりをさせていただきました。
    あちこち200島以上はリアルにめぐっていますが本書に載っている433島全部巡ってみたいものです。

    読後感=日本島図鑑「無人島編」も出版ほしいものです♪

    <a href="http://novel.blogmura.com/novel_contemporary/">にほんブログ村 現代小説</a>

  •  日本は、約38万平方キロメートルの国土が6800を超える島々から成り立っている島国です。
     本書は、国内にある433の有人島をすべて網羅。景観や見どころ、祭りや生活など、特長を物語る写真がふんだんに盛り込まれ、それぞれの島固有の伝統・文化が伝わってきます。基本データや略地図も掲載してあり、島データブックとしても活用できます。
    岐阜県図書館のページ
    https://www.library.pref.gifu.lg.jp/cgi-bin/Sopcsvis.sh?p_mode=1&kgrn=0&tso=on&idx=1&g_mode=0&ksno=20185012

  • とにかく写真がキレイ!
    島に伝わる伝統行事や祭り、島の歴史や特徴なんかも書かれていて、400を越える島々のなんて魅力的なこと♪
    この本を見ると、日本が海に囲まれた島国だってことが本当によくわかります。

  • 最近ちょっとギスギスしていて、南の島にでも行きたいな〜と思っていたところに本屋で見かけた本。
    日本ってこんなに島があったんだね、と全ページフルカラーの豊かな島の自然や人々の生活の写真を見て癒された。
    沖縄の島々も気になるけど、気になるのは瀬戸内の小豆島。あずき?と読んでしまいそうだけど「しょうどしま」。
    「二十四の瞳」の映画撮影場所でもあり、日本人の長い歴史の初期から舞台になってきた島。
    小笠原諸島も世界遺産になったことだし、これからは「島」ブームが来るかも?

  • 日本の433の島について、
    1ページor半ページで解説してある図鑑。
    1つあたりの島に関する情報量は少ない。

  • 期待はずれ。もっとマニアックにいきたい。

  • みてるだけでワクワクします

  • かつて人が住んでた島も含め、すべての有人島をミニマップ、主要な景観地などを、地域ごとに紹介。島、いいなー。

全14件中 1 - 10件を表示

加藤庸二の作品

原色 日本島図鑑―日本の島433有人島全収録を本棚に登録しているひと

ツイートする