サクッとわかる ビジネス教養 地政学 (サクッとわかるビジネス教養)

  • 新星出版社
3.92
  • (99)
  • (155)
  • (92)
  • (15)
  • (2)
本棚登録 : 1676
感想 : 137
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784405120099

作品紹介・あらすじ

急速にグローバル化が進んでいる時代。だからこそ、ビジネスの現場では世界情勢を知らなければなりません。世界情勢を理解し、話をするには「地政学」が必須です!

本書は「特別な図解を見るだけで、地政学の会話・説明ができる」ようになります!

防衛省の幹部候補生に地政学を教えている、地政学の第一人者「奥山真司」先生が伝授!


○ニュースを本当に理解するには、地政学の知識が必要
アメリカと中国の関係、沖縄基地や北方領土の問題、中国の一帯一路政策、イギリスのEU離脱、香港デモなど、日々さまざまなニュースが流れています。
これらを理解するには、その根本にある「地政学」の知識が大切です。

たとえば、

 ・なぜ、ロシアが北方領土を返還しないのか?
 ・沖縄基地を移転することが、なぜできないのか?
 ・竹島や尖閣諸島、対馬列島ではなにが起きているのか?

などは、地政学がわかると、とたんに理解できます。


○見るだけで、地政学の会話・説明ができる!
本書は、イラスト解説がメインになっています。特別なイラスト図解を見ながら、イラスト周辺の文字を読むだけで、世界情勢の根本がわかります。



○防衛省の幹部に教える、地政学の第一人者が伝授!
監修は、防衛省の幹部や幹部候補生に、地政学を教えている奥山真司先生。奥山先生は、同時に大学生にも地政学を教えています。
国防のプロにも、初心者にも教えている先生だからこそ、地政学の根本をわかりやすく解説されています。


○地政学に必要な5つの概念
奥山先生の提唱する「5つの概念」をベースに、地政学的な見地から世界の今を学んでいきます!

たとえば、リアリズム(現実主義)という概念があります。地政学的には、国際舞台で国の振る舞いを決めるのは、イデオロギーやカリスマ指導者、世論などではなく、リアルな軍事力や経済力だという考え方。言い換えれば、自尊心や恐怖心、経済的メリットなど、人間の本音のベースにあるものこそが、国を動かしているということです。

その他、チョークポイント、シーパワー・ランドパワーなど地政学の重要な概念をベースに、世界各国の言動を紐解きます。


本書は、文字中心のテキストを読むのは億劫。もっと手軽に地政学のことを知りたい。それも上辺だけの理解ではなく、きちんと会話・説明ができるようになりたい! という方にぴったりの一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み

  • 地政学とは…
    国の地理的な条件をもとに、他国との関係性や国際社会での行動を考えるアプローチ
    そう、地政学を駆使すれば世界をコントロールできるのだ

    図解がたくさんあり、わかりやすい
    とりあえず抑えるべきポイントがサクッとわかる

    なぜアメリカが覇権を握っているのか
    なぜフランスはテロが多いのか
    なぜ北方領土返還が進まないのか

    常に世界情勢を把握している人には、当たり前の内容であるが、漠然とそーゆーもんと思っていたことに裏付けが加わり、スッキリ納得


    【日本】
    ■海流、季節風などの影響で海外から攻めにくい
    ■自給可能な面積と人口、生存に適した気候
    ■日本とロシアにおける北方領土の重要度の違い
     ・ロシア→北極海ルートの支配、アメリカ動向の監視
     ・日本→国民感情が好転する、周辺海から海産物が取れる…程度
    ■沖縄米軍基地はアメリカにとって完璧な拠点
     ・アメリカの大陸間弾道ミサイル(ICBM)を沖縄に配備すると世界の多くの主要都市が射程に入る絶好の位置
    ■日本の石油ルートを守っているのは100%米海軍

    【アメリカ】
    ■孤立した大きな島だからこそシーパワー国家になることができた、かつ周辺にも存在を脅かすような国もない(隣接するカナダ、メキシコの国力はアメリカと比較にならない)
    ■アジア、ヨーロッパとの物理的距離 
    ■世界三大戦略地域のバランスを見ながらコントロール
     ①ヨーロッパ→NATO(北大西洋条約機構)の同盟により、ロシアの欧州進出を防ぐ
     ②中東→サウジアラビアと協力しイランを牽制
     ③アジア→日本や韓国に拠点を置き、中国を監視
    ■シーパワー勢力で結集し海外進出を目指す中国の「一帯一路」を阻止
    ・日本、オーストラリア、インドと協力
    ・ブルー・ドット・ネットワーク
    ・自由で開かれたインド太平洋構想
    ■ロシア進出ルートの防衛
    ・トルコ→黒海でロシアと面する しかしながらアメリカとの関係は微妙
    ・ポーランド→ロシア西方進出の出入口 アメリカと軍事同盟強化しようとしている

    【ロシア】
    ■ロシアのGDPはアメリカの約1/12
      韓国やカナダと同程度
    ■北極海ルート
    ・2000年頃から氷が溶け通航可能になった
    ・極東〜ヨーロッパの距離の短縮
    ・海賊がおらず安全
    ・ロシア一国の許可で航行できる
    ・北極海ルート周辺に莫大な石油や天然ガスなど豊富な資源有り
    ・高価な耐氷船がに必要
    ・補給基地が不十分
    ■クリミア併合の重要性
    ・黒海ルートの防衛
    ・NATO勢力との対立のため(隣接する国を協力的な状態にしておく)


    【中国】
    ■国内に50以上もの少数民族を抱えており、民族同士の争いが絶えないため、国内の治安維持費が軍事費を上回る
     →監視、盗聴、過激派対策、ネット上の政治的内容の削除など
    ■一帯一路構想
    ・「一帯」…中国西部から中央アジアを経由し、ヨーロッパへ至る「シルクロード経済ベルト」
    ・ 「一路」…中国沿岸部から東南アジア、アラビア半島を経由し、ヨーロッパへ行く「海上シルクロード」
    ・中国の投資により、陸海の物流インフラを整備して貿易を促進し、経済圏を作ろうと言う構想(表向きの理想論)
    ・国内で過剰になった製品を国外で売って利益を得たい(裏の欲)
    ・中国の貸付に対し、返済不能になると中国が使用権を独占する「債務の罠」が問題に
    (こちらも裏の欲)
    ■水をめぐって周辺国と対立
    ・メコン川、ブラマプトラ川上流にダムを建設し、水の流れを東側へ向かわせようと画策している(下流にあるインド、バングラデシュ、ラオス、タイなどの国々水量が減り死活問題に)


    もちろんヨーロッパ、中東などまだまだネタは広く浅くだが豊富にある

    また「チョークポイント」、「ランドパワー」、「シーパワー」、「ハートランド」、「リムランド」など地政学ならではのワードも抑えることができる

    世界は自国の利権のために、ドロドロしているのだ
    日本は多くの恵まれた環境であるがゆえ、この利権争いに対して他国と比べるとお品よく思える
    中国とアメリカの覇権争い、世界でコロナウィルスが蔓延し、経済が不透明となり今後何が起こるかわからない情勢だ
    世界の将来を左右するこの分野はあらゆるビジネス及び人々の生活に大きな影響を与える
    日本もこのドロドロした利権争いに負けない戦略で自国を守っていただきたいものだ
    また国任せではなく、各個人も知識を増やし、偏ったマスコミ報道に流されない目(真実の知識)を養うことも大切である

    地政学は、時代、国際情勢、政権、環境、テクノロジーなど様々な要因でガラッと見方が変わることがありとても興味深く目が離せない分野だ
    世界史、地理、政治など、あらゆる分野を紐付けしていくのに役立つ
    また地政学の戦略ロジックはビジネスのロジックにも役立ちそうだ

    この地政学の意識で、何気なく流して見てしまうニュースの見方が変わるだろう

  • フォローさせて頂いているハイジさんのレビューのとおりです。

    『本音で対論! いまどきの「ドイツ」と「日本」』のレビューで、
    《国境を9か国に囲まれているドイツでは、地政学的条件を加味した近隣諸国との関係を維持するのも大変です。》
    と書いたのですが、
    日本が島国でなくて、中国、台湾、韓国、北朝鮮、ロシア、アメリカ、カナダ、メキシコ、ペルー、チリなど多くの国と陸地で国境を接する国だったとしたら、、、
    今とは全く違う歴史になっていたのでしょうね。
    日本などという国は存在していないに違いありません。

    地政学的にみたヨーロッパ(北欧やチェコなど)についてもっと知りたかったのですが、イギリス、フランス、ドイツ、ギリシャだけで10ページ程しかなかったのが残念です。
    アフリカの説明もありませんでした。

    ヨーロッパの他の国やアフリカに関しては別の書籍を調べてみることにします。

  • 「地政学とは~、アジア・中東・ヨーロッパという3大エリアで、衝突に関係する国のふるまいの研究です。
    世界的なニュースのほとんどは、このエリアにかかわっているため、地政学を知ることは世界の情勢を知る事につながるのです」(本書p.8~9より)

    ということで、なぜあの国はあのような行動をとるのだろうとか、あの国とあの国はなぜ仲が悪いのだろう、等々、国際的ニュースの理解の基礎となる知識が、見開きのイラストも交え満載。

    もちろん、海外の事だけでなく、国際社会の一員である日本については、地政学の観点から解説がなされている。

    新聞、テレビ、あるいはインターネット等の国際関連ニュースを読んで、あるいは聞いて「?」と思う事があった人であれば、基礎知識として本書を一読されることをお勧めします。

  • 手始めに学ぶ地政学の教養としては教科書のような一冊。絵が多く中も色使いに拘っていて子どもでも読みやすくなっている。(ふりがながないから小学生とかだと厳しいかな…見やすさは完璧だけれど)

    最近の時事ネタだと、米政府が日本、オーストラリア、インドとの提携でコロナワクチンの供給促進を図っているというニュース。
    まさにこの地政学の本で取り上げられている、4カ国間の『自由で開かれたインド太平洋構想』を推し量る名目だと推測できた。

    歴史を勉強する上で、同時期に読み比べても面白いだろうし、この本を読んでから世界史を勉強しても理解し易くなりそう。
    私は世界史を勉強してからこの本にあたったけれど、世界史を文字面で勉強する過程でイメージした自分なりの構造が一致してるか答え合わせをするのに使えた。
    地政学を知っておくと、歴史だけに留まらず将来どの国がどういう魂胆で提携したり、影響力を持とうとしているのかが予測できるようになると期待してる。

  • 国のふるまいは地形によって決まると言う話で、とても面白かった。

    高校の世界史で、「ロシアはとにかく凍らない港を手に入れたい。そのために南下をする!」と先生が言っていたのを思い出した。

    大陸にあるのか、海に囲まれているのか、大陸の中でも中心(ハート)なのか、周辺部(リム)なのかで、どのような出方をするかが変わってくる。リムランドはランドパワーとシーパワーがぶつかるため紛争が起きやすいと言うのも納得。

    アメリカがシーパワーというのは、読むうちに納得した。大陸ではあるけれども、周りの国は経済的にも敵にならない、かつ、海に囲まれていてよその国に攻め込まれにくいなど。

    中国の一帯一路についてもよくわかったし、なぜ北方領土問題がなかなか解決しないのかというのもなるほどという感じであった。あとは沖縄の基地が米軍にとってかなり重要なものであることも。

    地政学の入門としては読みやすいし、事例も多くてわかりやすいのではと思った。興味が出たので、もっと地政学を学んでみたい。

  • 国と国との関係がなんとなくわかった気分になれる本。ニュースちんぷんかんぷんの私の頭にもすんなり入ってきて面白かった。
    学校で生ぬるい平和教育ばっかりやってないでこういうの勉強した方が真っ当な国際感覚が身につく気がする。

  • 地政学とは、国の地理的な条件をもとに、他国との関係性や国際社会での行動を考えるアプローチのこと。国の行動には、地理的な要素が深く関わっている。

    地政学の最大のメリットは、自国を優位な状況に置きながら、相手国をコントロールするための視点を得られること。

    バランスオブパワーとは1位の国と2位の国は対立し、1位と3位は協力関係になること。

    大きな国際紛争は、常にランドパワーとシーパワーのせめぎ合い。ランドパワーとは、ユーラシア大陸にある大陸国家。シーパワーとは、国境の多くを海に囲まれた海洋国家。

    沖縄米軍基地は完璧な拠点。拠点に必要な要素を完璧に備える。米海軍横須賀基地は世界一の設備。

    日本は海に囲まれていることと、米軍基地があることで、第二次世界大戦後において平和な状態が続いている。

    中国は対馬列島と尖閣諸島を手に入れて近海を制覇したい。

    ロシアは主義・思想によって対立を続けているように見えていたが、実はもうイデオロギーの対立よりもロシアの領土拡充問題になっている。ロシアは、まず共産主義というイデオロギーで失敗し、次に資本主義というイデオロギーで失敗したので、強烈なリーダーシップと地政学的戦略で世界一の領土をもつことで自国の利益を維持している。

    北方領土はロシアには大事なお宝だけど、日本における重要性は低く、海の向こうのアメリカや中国をけん制するのに重要拠点になっている。

    この本から分かったことは、地政学という観点から世界を観ると世界で今起こっている国と国との鬩ぎ合いは隣国との関係だけではなく、大国の影響力や地理的条件の他にも多くの要因が関係していることが分かる。

    なぜ様々な地域で国際的な問題が頻発して起こっているのかということが、自分の頭では理論的に整理できなかったけれども、この本によって世界は現状こうなっているというある程度の理由が分かりとても良かった。

  • 知らなあかんなぁと思いつつ、避けていた地政学。
    わかりやすく解説されてそうなので読んでみる。

    北方領土にロシアが固執する理由を知らなかったが、
    日本の領土になった場合に米軍基地のような軍事拠点が作られNATO側の勢力が強くなる可能性があるという理由に納得。それ考えたらロシアは手放せんな

    国のトップ同士が手を組んだり、ある国に批判的な声明を出したりするのをニュースでよく目にする。今まではなんかやってんなくらいにしか思わなかったけど、知識がついた今では味方や変わってくる。世界情勢を見る上でかなり前提となる知識であり、中学高校の教科書とかで「地政学」という章があっても良い気がする。
    あったらごめんなさい


    (用語)
    ・バランスオブパワー
    2位の敵国の浮上を阻止するため、1位と3位が手を組むみたいな話。アメリカと日本で中国を警戒しているのを
    イメージすればわかりやすい。

    ・ランドパワー系とシーパワー系
    ランドパワーは内陸の国。中国、ロシア、ヨーロッパなど。
    シーパワーは海に囲まれた国。日本、アメリカ、イギリスなど。
    この外交ニュースに出てくる国をこの2勢力に分類するだけでも、何となく状況が整理される気がする。
    あと、一帯一路構想もこの2つのパワーを用いた構想と捉えれば、分かりやすい。

  • 昨今の国際情勢を説明するのに十分な量の解説が、図表を用いて非常にシンプルにまとめられており、相当に読みやすい。日本や世界を理解し良くしていく上で、個々人の考えや教育、国家の歴史と言ったウェットな部分から考えるのも大切だが、一方でこの本で紹介されている地政学のようなあまりにもドライで冷淡な視点から日本や世界を眺める視点も同時に大切だと感じさせられた。

  • 「行動経済学」を読んでよかったので続けて「地政学」も。地政学という言葉は知っていたし、漠然とどんなことを探求しているのかも知らないわけではなかったけど、こうして網羅的に学べるといういい本でした。基礎的な教養として知っておきたい内容でおすすめです。日ごろから世界の情勢やニュースに興味がある人は知っている方も多いでしょうけど、それでも学べる点は多いんじゃないかな。池上さんの解説を聞いているようにわかりやすく解説されています。

全137件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
メンタリストDa...
出口 治明
凪良 ゆう
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×