資本論 3 第1巻 第3分冊 第3分冊

制作 : 資本論翻訳委員会 
  • 新日本出版社 (1983年3月1日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784406009317

資本論 3 第1巻 第3分冊 第3分冊の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ようやく3冊目を読了。際限なく労働力を搾取しようとする資本家を規制するための工場法の必要性のくだりが印象的でした。とくに、子どもを労働させて学校に行かせないのは、その子どもの勉強の機会を奪い、ひいてはその教育をうけていない子どもが大人になったとき、社会に出て犯罪を犯すようになるのでダメだ、というところが印象的でした。ちょっと違うけど、『ヤバい経済学』を思い出しました。

全2件中 1 - 2件を表示

カール・マルクスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カール マルクス
カール・マルクス
カール・マルクス
カール・マルクス
カール マルクス
カール マルクス
カール マルクス
カール・マルクス
カール・マルクス
カール マルクス
カール マルクス
有効な右矢印 無効な右矢印

資本論 3 第1巻 第3分冊 第3分冊はこんな本です

資本論 3 第1巻 第3分冊 第3分冊を本棚に登録しているひと

ツイートする