播州平野・風知草 (宮本百合子名作ライブラリー)

著者 :
  • 新日本出版社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784406023085

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ずっしりとつまった小説である。

    重吉をまつ ひろ子と 8月15日の情景。
    その後 10月9日に 釈放されるまでを描く。

    重吉を待つ 情感。そして 心の動き。

    ひろ子の心の動きだけでなく、その母親、
    そして、日本の人たちの感情が むき出しに描かれている。

    戦争に反対するという勇気を持った重吉が
    力強く、それを待つ ひろ子も、実に生命力がある。

  • 戦後、日本は復興しようとスピードを上げて進んでいった。それは誰にも止められなかった。それが日本を発展させ、次々に都市が豊かになって行った。すごかった。すごかった。でも、でもさ。今の日本は徐行していると思う。いつでも停止できるギリギリのスピードさ。それがどういう意味かは自分でもわからないし、これはただの戯言だし、無意識的な嘘かもしれないけど、そういうことなんだ。現代の日本には、「いい意味で」戦争が必要なんじゃないかな。別に左翼でも右翼でもないし、鷹派か、雀派か知らないけど、言いたいから言ってみただけ。意味不明な文章。「伸子」もおもしろいですよ~。

全2件中 1 - 2件を表示

宮本百合子の作品

播州平野・風知草 (宮本百合子名作ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする