足みじかおじさんの旅―やなせたかしのおとなのメルヘン

  • 新日本出版社 (2009年4月1日発売)
3.80
  • (13)
  • (9)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :22
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784406052399

作品紹介

足みじかおじさんは無名である。カッコよくない。でもぼくらが悩む時、ひそやかに悩みを解決してくれるひとが、そんなひとがいれば助かる。ここに集めた、足みじかおじさんのみじかいお話がいくらかあなたの心をなぐさめることができたなら、それが作者のよろこびです(まえがきから)。

足みじかおじさんの旅―やなせたかしのおとなのメルヘンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現実と非現実の境目からやってきた足みじかおじさん。足長おじさんほど有名ではない。微力だけれど困った人を助けるのが仕事だという。いつも逆光の中にいて、顔かたちもさだかではなく、年齢も正体も不明。
    悲しみを少しやわらげてくれる、悩みを解決してくれる、心をなぐさめてくれる。全部で100篇ほどあるお話らしく、その1/3がこの本に収録されている。ひとつのお話が3ページでおわる、とっても短い。短いけれど、ほわってしますね。他のお話も読みたい。

  • 著者であるやなせたかしさんが卒寿を迎えられる時に出版されたものであるというメルヘン短編集。

     困っている人や悲しんでいる人の手助けが趣味という、現実と非現実の間を行き来する足みじかおじさんは、生きていく上で遭遇するであろう様々な苦難や困難の壁を乗り越えるためのきっかけ力を与えてくれる。

     前に読んだ時は、すーっと沁みる様に入ってきたように記憶しているが、再読した今回、何故か梃摺ってしまった。難しいお話でもないし、読みにくいわけでもないのだが、今もって理由はわからない。

     スーパーマン的存在で何でも一挙に解決!という話ではないところが、逆に現実味があり、私の好むところである。
     私たちは時として一挙解決のスーパーマンを求めてしまうけれど、世の中甘くはない。誰かの手助けを受けながらも、自らが立ち向かっていかなければ真の解決は得られない。そんな当たり前のことに気づかせてくれるお話でした。 また、大きな手助けは私には到底できないけれど、足みじかおじさんのように、小さな手助けのできるおじさんでありたいと、震災から丸一年経った昨今、強く感じさせてくれた一冊でもありました。

  •  足ながおじさんでなく、足みじかおじさん。
     足が短くて、帽子を深くかぶって顔は見えなくて、困っている人がいると、どこからともなく現れる。

     短編集はどれも繋がりのない話ですが、雰囲気の煮ているものを纏めている感じ。
     最初のほうは、助けられる側が純粋無垢な少女て感じだったけれど、中盤はちょっとやさぐれてたり、子ども向けじゃないな、て雰囲気だったりするし、最後のほうは、助けられる側も人間でなかったりします。

     あとがきからすると、全部で300話くらいあるうちの1/3くらい収録しているらしいので、残りも読みたい。

  • アンパンマンの著者、やなせたかし氏が書いた大人のためのメルヘン短編集。挿絵付き。様々な悩みを抱えた主人公たちに魔法をかけて解決に導く。確かに、大人向きかな。キスマークとか出てくるし。さくっと読める、嫌みのない一冊。

  • ゴーストタウンのゴーストダンス
    今、みているのは幻影かもしれない。
    でも、人生そのものも一種の幻影のようなものだ。それならば、幻影の中でひととき、夢を見るのも悪くはないさ。

  •  優しい気持ちになれる短い話がたくさん入ってます。休み時間や電車の中で読むのにぴったりですヨ。
    (一般担当/おー)平成28年10月の特集「朝読に読みたい!」

  • なじ■
    自分は人気者じゃない、凄いことはできないといつも控えめで、
    助けての声あるところにはすぐに駆けつけ、
    人を喜ばせる為なら自分の身を削るようなことだってする足みじかおじさんは
    やなせさんそのもののように思えて涙が出ました。
    本当にこんな風に、ささやかな力ながら助けてくれる人が
    いてくれたら良いのになあと思えるお話集でした。

  • 黒いボウラーハットに黒いアタッシュケース。顔は常に影になっていて表情はわからない。
    やなせたかし氏が連載していた足みじかおじさんシリーズから抜粋してまとめたらしい。
    足みじかおじさんが困っている人のところにあらわれてちょっとした魔法で悩みを消してくれる。大人のメルヘンと銘打っているだけあって、悩みがみんなやたらリアルで重め。足みじかおじさんもなんでもできるスーパーヒーローじゃなくて、人助けをしても「これはただの自己満足かも」「私にはこんなことしかできない」と思い悩む。
    少し哀しく、少し幸せな掌編。刺さる人にはすごく刺さると思う。

  • やなせさんは人を助けてあげるって事を信条にしてたのかな…

  • 個人的には先に読んだ続編よりもこちらの方が面白かった。
    内容は全く一緒で、黒いボーラーハットをかぶった足のみじかいおじさんが困った人の悩みを聞いて解決してくれるというお話です。
    こちらの方が続編よりも自然が生かされていて、その発想のユニークさやメルヘンの世界にうっとりとしました。
    やはり良いものはシンプルなんだな~とこれを読んで思いました。

    足みじかおじさんは困っている人を助けた後に自嘲的に「ほんのつまらないことをしただけ・・・」とつぶやきます。
    だけどよく見ると、結構、大層な事もやってるんです。
    死のうとしている人を救ったり、生きる希望を与えたり・・・。
    自身も言っているけど、足みじかおじさんの力はそんなに大きくなくて、だから出来る事も限られている。
    その自分の出来る範囲で、人助けしてるのがいいな~と思います。
    それも華々しく皆に見えるような形で人助けするのでなく、コッソリと。
    そんな人って、もしかしたら気づかないだけで私たちの周りにもいるのかもしれない。
    私も自分の出来る範囲で、コッソリと人の役に立てるような人になれたら・・・と思います。

全22件中 1 - 10件を表示

やなせたかしの作品

足みじかおじさんの旅―やなせたかしのおとなのメルヘンはこんな本です

ツイートする