日本近現代史を読む

制作 : 宮地 正人 
  • 新日本出版社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784406053310

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  題名の通り、日本近現代史の概説書。しかし研究書のような堅苦しい体裁をとっておらず、近年の研究界の研究成果を踏まえつつもわかりやすく近現代を網羅的に説明している。
     執筆陣はいずれも日本近現代史研究において、数々の研究書、論文、著作を持つ有名な方々。しかし彼らの研究成果を紹介するという体裁の書籍ではなく―もちろん執筆陣の「歴史事実の取捨選択」は生じているが―多くの研究の成果を踏まえての叙述に意識を向けているのがわかる。それは本文中にそれぞれの歴史事実を挙げた後、根拠となる論文とその研究者、研究年度を付している丁寧さから見ることができる。
     この書籍は、たとえば『新しい歴史教科書』などとは異なった立地点で書かれている。『新しい歴史教科書』などと照らし合わせて読むと、違いが明確となり、その行為自体が1つの視座を与えてくれる。
     上記の例をあげるまでもなく、近現代の叙述は大変難しい。しかし難しいからといってそのことから逃れるのではなく、このような著作で意欲的に「近現代とは何だったのか」を記そうとする。その姿勢は大変評価できるるし、物議を醸しても、それ自身が今後の歴史学の克服点を明らかにしてくれる。
     なにより、執筆陣の知見の幅広さがなしうる労作だと感じた。近現代史を総体として理解していきたいという人には重宝する1冊となるだろう。

  • 市民のための歴史教科書。
    南京大虐殺、従軍慰安婦、沖縄の集団自決など、今論争になっている問題をわかりやすく解説してある。

    大人のための教科書。学生時代、歴史の勉強が不十分だった人にお薦め。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1950年、長野県に生まれる 1973年、早稲田大学第一文学部卒業 1978年 早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了 現在、早稲田大学文学学術院教授、博士(文学) ※2016年10月現在【主要編著書】『自由民権運動と立憲改進党』(早稲田大学出版部、1991年) 『近代日本の警察と地域社会』(筑摩書房、2000年)『自由民権期の社会』(敬文舎、2012年)、『維新政府の密偵たち』(吉川弘文館、2013年)

「2016年 『「主権国家」成立の内と外』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大日方純夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする