「特高」経験者として伝えたいこと

著者 :
  • 新日本出版社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784406054850

作品紹介・あらすじ

思想弾圧と抵抗。敗戦前後期の特別高等警察を記す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第二次大戦が終わるまで、日本の思想弾圧の中心部隊であった、「特高」=特別高等警察に在籍した、井形正寿さんの証言や資料を紹介する本です。
    井形さんが在籍していたのは、終戦前後の三ヶ月あまりのみで、思想的に「染まること」なくすごしたそうです。
    そして戦後はその弾圧のあり方を批判的にとらえ、後世に伝えようとこの本を書いたとのこと。

    私の先輩でもある、小林多喜二への残虐な弾圧のような、壮絶な体験はされていらっしゃいませんが、一巡査であった井形さんが、特高になって触れてきた、当時の世情や特高の内部の様子が丁寧に紹介されていて、戦前の日本の非民主的なありようが見えてくるいい本でした。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする