大久野島からのバトン (文学のピースウォーク)

著者 : 今関信子
制作 : ひろかわ さえこ 
  • 新日本出版社 (2016年6月25日発売)
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 21人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784406060332

大久野島からのバトン (文学のピースウォーク)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 14歳の香織は夏のYMCAキャンプで、広島の後に大久野島を訪れ、元毒ガス資料館の館長、柳沢進一と出会う。彼は14歳の時に大久野島の陸軍技能者養成所に入学し、終戦まで毒ガス作りに従事していた。
    ウサギの島として知られるのどかな国民休暇村の過酷な過去に関心を持った香織たちは、彼の経験談に耳を傾けるうちに、戦争による被害と加害、戦争回避のための行動などについて考えを巡らせていく。

    毒ガス製造に携わって被害を受けた人たちの経験から、そこで作られた毒ガスで被害を受けた人たちへ思いを巡らし、戦争へ傾く世の中に対してできることは何かを考えさせる作品。

    表紙絵と文体は幼く、このような辛い事実を語るにはアンバランスな感があるが、考察は深い。
    文学作品としてよりも、事実を伝える役割が評価できるため、ノンフィクションで読みたい。

全1件中 1 - 1件を表示

今関信子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉野 万理子
戸森 しるこ
片川 優子
ユリ シュルヴィ...
ウィリアム・グリ...
宮下 奈都
アレックス・シア...
ヨシタケ シンス...
アレックス・ジー...
デボラ ホプキン...
R・J・パラシオ
市川 朔久子
有効な右矢印 無効な右矢印

大久野島からのバトン (文学のピースウォーク)はこんな本です

ツイートする