不思議がいっぱい! 日本昔ばなしの旅 (じっぴコンパクト新書)

著者 : 島尾真
  • 実業之日本社 (2009年7月18日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408107707

不思議がいっぱい! 日本昔ばなしの旅 (じっぴコンパクト新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 198ページある新書版に、30話の昔話の舞台が紹介されている。
    つまり、それぞれはとても短く、表面をさらっと撫でる程度で、深く読みたい人は元のお話を読むと更に良いのかもしれない。

    意外だったのは「静岡県富士市」に伝わる「かぐや姫」で、月ではなく富士山の頂上に帰るらしい。
    伝承地によっては、一般に知られる昔話とは内容も違ってくるというひとつの例だ。
    また、「浦島太郎」は横浜にゆかりの寺があるということも初耳だった。
    民話・伝説の旅には「葛の葉」や「九尾の狐」なども登場し、ふむふむと頷くことしきり。
    一箇所だけ「しまった!」と思ったところがある。
    両国の回向院に「猫塚」があるということを知らなかったのである。
    「鼠小僧次郎吉」のお墓参りだけして、そのすぐ隣にあることを気づきもしなかった。
    世田谷の豪徳寺には招き猫の由来にまつわるお話があることだし、江戸・猫めぐりでもしてみようかな。

    日本地図も登場して、伝承地の場所がひと目で分かるようにもなっている。
    ほとんど忘れている話もあり、簡単なあらすじが載っているのがとてもありがたい。
    全体としては雑学の域だが、ネタとしてこっそり仕込んでおくに限るかな(笑)
    披露する時と場所を選ばないと、エラいことになりそうではある。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする