運命を拓きゆく者へ

著者 :
制作 : 実業之日本社 
  • 実業之日本社
4.20
  • (8)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408109152

作品紹介・あらすじ

何が起ころうとも、運命を受け入れ、その上で、雄々しく切り拓いていく。人生と仕事の羅針盤。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勝つを知って、負けるを知らぬ者は戦を知らぬ。

    論文を書くときは、最初にある程度の筋道を書いておく。
    人生を悲観してしまうのは、もちろん望ましいことではないが、黙想することで悲哀の念が起こるのは当然のことである。

    不満を持って世を渡るようになるのは、いいことでも悪いことでも、自分はそれに関係ないt思うからではないか。
    人生の目的を理解するには、自分の生きる目的を理解すること。

  • 心配の しだめ と
    飯の 食いだめ は 約に 立たない

    勝つ を 知って
    負ける を 知らぬ は
    戦 を 知らぬ

    1オンス の 予防薬 は
    1ポンド の 服用薬 に 値する

  • 請求記号:159/Nit
    資料ID:50063711
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 自分が成長するために、なすべきことはー。

    ・自己の成長とは、成功者になることではない。自己の発展とは、自己の内部の善性を高め、悪性を矯正することである。

    ・自己を成長させるためには、心の準備が必要である。それは、失敗しても慌てず、成功しても自惚れないという、動じない心構えを持つことである。

    ・意志は強いだけではなく、その意志の向け方が大切である。それを間違えれば、失敗を招くことになる。

    ・意志を鍛える上で心得るべきこと
     1.無私無欲であること
     2.広くおおらかな度量を持つこと
     3.大概のことは我慢して、時間をかけて意志を貫くこと

    ・徹頭徹尾、物質本位で、人生ことごとく金銭で解決できるように思っている人がいるが、失意のどん底にあるとき、力になるのは物や金銭ではなく、人の情けや慰めである。

    ・精神の疲労を癒すためには、黙想する必要がある。

  • 新渡戸稲造の人生論。これはきちんと買って読む価値あり。

  • ■マインド
    1.意志を鍛える上で心得るべき3つ。無私無欲であること。広くおおらかな度量を持つこと。大概のことをは我慢して、時間をかけて意志を貫くこと。
    2.自己の発展とは、自己の内部の善性を高め、悪性を矯正することだ。断じて自己の勢力を拡大したり、財産を増やしたりすることではなかろう。
    3.心配のしだめと飯の食いだめは役に立たない。
    4.脳は沈黙でなければ思想を生まない。

  • 単純で力強い人生訓。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

新渡戸 稲造(にとべ いなぞう)
1862年9月1日 - 1933年10月15日
日本の教育者・思想家。1862年南部藩士の子として生まれる。札幌農学校(現在の北海道大学)に学び、その後、アメリカ、ドイツで農政学等を研究。1899年、アメリカで静養中に『武士道』を執筆。翌年初版が刊行され、世界各国で翻訳され世界的ベストセラーになる。
第一高等学校校長などを歴任。1920年から26年まで国際連盟事務局次長を務め、国際平和に尽力した。辞任後は貴族院議員などを務める。

運命を拓きゆく者へのその他の作品

運命を拓きゆく者へ Kindle版 運命を拓きゆく者へ 新渡戸稲造

新渡戸稲造の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊賀 泰代
池井戸 潤
ウォルター・アイ...
デール カーネギ...
ヴィクトール・E...
ウォルター・アイ...
リチャード・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする