親の家をどう片づける - 本当に残すべきものと後悔しない整理法

著者 :
  • 実業之日本社
3.42
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408110622

作品紹介・あらすじ

あふれる荷物の整理・処分法、考え方を、プロが豊富な実例と共に教えます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分が死んだ時、これだけは大切に残しておいて欲しいと書き残すだけでいいのです。これも立派な生前整理なのです 言葉を変えれば、することで新しいものが入る余裕が生まれるのです 私が書いて欲しいメッセージは、過去の事ではなく未来のことです 今はばかりを見ているため、何も捨てられないのです。未来の自分が見えないのです 判断基準は「要る要らない」。「使える使えない」ではない

  • 親の家の片付け本の中では、使えるほう。親の話を聞くのが大事、最初は時間がかかってもそこは我慢すると後から加速する、は確かにその通り。
    でもその我慢が難しいのよね。
    最後は行政に駆けこめをよしとしない為の本だが、最後はそれよね。
    やってる最中の娘としては強烈に同感する本。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする