地形と地理で解ける! 東京の秘密33 多摩・武蔵野編 (ジッピコンパクトシンショ)

著者 :
  • 実業之日本社
3.09
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408338309

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 多摩地区に住んでいる人なら、読んでおいて損はないと思う。とくに、大人になって中央線に住んだ方など。地理や歴史に少し興味があり、八王子から三鷹、府中周辺の住人にはヒットすると思う。

  • 2020/10/18
    江戸時代に玉川上水を作った技術はすごい!試しにカシミール3Dを使って、荒川ー小金井市ー多摩川を通るように直線を引き、その断面図を作成したところ、玉川上水は綺麗に、その尾根にあたる場所に位置していた!!また地図をよく見てみると、玉川上水の北にある川は全て荒川に、南にある川は全て多摩川に合流している。みごとな分水嶺になっている!
    家の近所を流れる玉川上水に対する愛着が非常に強くなった。

  • 多摩川は青梅付近を要とした扇状地を形成し、それが隆起して武蔵野台地になった。武蔵野台地では深い井戸を掘らなければ水を得ることができなかったため、江戸時代まで開発が進まなかった。古代の国府や国分寺、深大寺、大國魂神社は、国分寺崖線や府中崖線沿いにつくられている。

    玉川上水は、残堀川と交差した後、小平監視所あたりから各河川流域の分水嶺を通っている。

    武蔵野台地の標高50m付近は関東ローム層や砂礫層が薄くなるため、地下水が湧出しやすい。井の頭池は神田川の、善福寺池は善福寺川の、石神井池・三宝寺池は石神井川の、烏山の鴨池は目黒川のそれぞれ源流になっている。

  • マニアックすぎて引き込まれなかった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1957年東京生まれ。早稲田大学第一文学部心理学科卒業。実業之日本社でブルーガイド編集長などを務める。国内だけでなくイタリアなどのガイドブックも編集。また自身が編集したガイドは台湾・韓国で翻訳出版されている。主著『明治大正 凸凹地図 東京散歩』(実業之日本社、2015)、『東京鉄道遺産100選』(中公新書、2015)、『関東大震災と鉄道』(新潮社、2012)、『「水」が教えてくれる東京の微地形散歩』(実業之日本社、2013)ほか。

「2018年 『外国人が見た日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田宗治の作品

ツイートする
×