カラー版 「水」が教えてくれる東京の微地形の秘密 (じっぴコンパクト新書)

著者 :
  • 実業之日本社
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408338699

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 案外起伏に富んだ東京の地形。微地形を元に開発以前の湧水からの水の流れを解説する。3D地図を駆使し地形と開発の歴史が良く分かる。

    筆者の本はこのじっぴコンパクトから多く出版されている。いずれもカラー図版を活用し地理と地形を解説したもの。

    本書は23区を中心に微地形を解説。特に皇居周辺の記載が豊富。同じ濠でも水源や水面の高さが、異なったり神田川の流れを本郷台地を貫くように変えたり(現代の御茶ノ水駅付近)、江戸の街の開発の歴史の痕跡をたどる。

    他にも渋谷川だったり古川だったり、港区などの複雑な地形に関する記載も。

    本書を片手に「地形読み取り散歩」を堪能したい。

  • <目次>
    第1章  江戸城建造の濠と水源
    第2章  川を見下ろす権力の館
    第3章  複雑な谷が生んだ文化
    第4章  廃川跡と江戸の上水道

    <内容>
    現代の凸凹地図と大正時代の地形図に凸凹データを加えたものをふんだんに使いながら、水の話(川や上水、谷など)を次々としていく。地図が豊富なのがいい。『凸凹地図でわかった!「水」が教えてくれる東京の微地形散歩』をベースに大幅加筆したもの。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1957年東京生まれ。早稲田大学第一文学部心理学科卒業。実業之日本社でブルーガイド編集長などを務める。国内だけでなくイタリアなどのガイドブックも編集。また自身が編集したガイドは台湾・韓国で翻訳出版されている。主著『明治大正 凸凹地図 東京散歩』(実業之日本社、2015)、『東京鉄道遺産100選』(中公新書、2015)、『関東大震災と鉄道』(新潮社、2012)、『「水」が教えてくれる東京の微地形散歩』(実業之日本社、2013)ほか。

「2018年 『外国人が見た日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田宗治の作品

ツイートする
×