地形で解ける! 東京の街の秘密50 改訂新版 (じっぴコンパクト新書)

著者 :
  • 実業之日本社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408339405

作品紹介・あらすじ

いつも坂道を通ったり見たりしていても、それを俯瞰して把握したことはありますか? 実は高低差があったから、江戸城はあの位置にでき、お濠もでき、玉川上水が江戸の人口を涵養できました。そんな高低差を背景として作り出された社会を、わかりやすい凸凹地図とともに50テーマ展開します。本カラーを32ページ挟み込んだことで、地図も格段にわかりやすくなりました。



●第1章 江戸城皇居周辺の地形の謎
大阪城周辺に似た地形だったから家康は江戸を気に入った 内濠や外濠の水は雨水を貯めたもの? どこかから水を引いたもの?
日比谷公園一帯は海で、銀座は江戸前島という島だった
山手線内でいちばん標高が高いのは箱根山。江戸城天守閣の最上層とどっちが高い?

●第2章 東京「丘」の秘密
岬の先端、丘の上。立地のいい場所を神社が独占している理由とは
総理大臣が日本で一番偉い人? 地形で分かるその理由
渋谷での「丘の西武vs 谷の東急」と渋谷の丘にあった刑務所と農場
なぜお寺の墓地は窪地に多く、広い霊園は丘の上に立地しているのか
虫の音聞きの名所、道灌山。西に富士山、東に筑波山を仰ぐ奇跡の地形
東京下町には井戸がなかった。京都と東京で決定的に違う水事情とは
玉川上水の完成で新田開発が進んだのに、武蔵野に田んぼがないのはなぜ? 98

●第3章 東京の「谷」めぐりの謎
渋谷川 都市遺跡発見の楽しみも味わえる廃川跡
唯一の正反対、北西を向いた菊坂から発生した江戸時代の惨事とは113
王子の台地を石神井川が突き破った? それはいつどうして起きたのか
等々力渓谷 九品仏川を「斬首」した谷沢川とは

●第4章 都会にのびるミニ山岳鉄道
山手線は、六つの峠を越える山岳鉄道? 最高所の峠は、新宿駅付近
関東で初めての鉄道トンネルは山手線にあった!
地下鉄で日本一深い六本木駅よりさらに深い駅がある?
海中の築堤を進んでいた東海道本線。線路の場所は今どうなっている?

●第5章 水と川にまつわる話
「ゼロメートル地帯」になった原因は、工業用水汲み上げと「東京ガス田」のため
東部低地の巨大な人工河川の荒川。戦艦一隻の建造費より安かった?
玉川上水はどうやって多摩川の高い河岸段丘を越えたのか
多摩湖と狭山湖。水が溜まるはずのない地形の謎

著者プロフィール

1957年東京生まれ。早稲田大学第一文学部心理学科卒業。実業之日本社でブルーガイド編集長などを務める。国内だけでなくイタリアなどのガイドブックも編集。また自身が編集したガイドは台湾・韓国で翻訳出版されている。主著『明治大正 凸凹地図 東京散歩』(実業之日本社、2015)、『東京鉄道遺産100選』(中公新書、2015)、『関東大震災と鉄道』(新潮社、2012)、『「水」が教えてくれる東京の微地形散歩』(実業之日本社、2013)ほか。

「2018年 『外国人が見た日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田宗治の作品

ツイートする
×