だれかのことを強く思ってみたかった

著者 :
制作 : 佐内 正史 
  • 実業之日本社
3.28
  • (5)
  • (12)
  • (47)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408395067

作品紹介・あらすじ

「私たちはどのくらいの強度でここに立っているのか」。16篇の短編小説と厳選された約100点の写真が織りなす「東京」をめぐるコラボレーション。なにげない日常風景、空虚な生活をたんたんと描写する小説との連続に、心の奥底にしまったはずの"記憶"が熱を帯びて甦ってくる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 見なかった記憶 がすごく印象に残った。

  • 「この世界はどのくらいの強度でなりたっているんだろう? 私たちはどのくらいの強度でそこに立っているんだろう?」
    「この一瞬の楽園は、彼ではなくて、恋がつくりだしているのだから。わたしを生かしているのはだれかではなくて、自分は幸福だという錯覚なのだから。」

  • 「何かを見たという記憶より、見なかった記憶のほうが、色濃く心にのこっている、ということがある。

    会えた人より会えなかった人。
    口に出せたことより出せなかったこと。
    手に入れたものより、どうしても手に入らなかったもの。

    それらは空白としてではなく、ある確固とした記憶として私のなかにある。」

  • 佐内氏の東京写真が良い
    短い3ページほどの小さい風景
    角田光代の小説に出てくる登場人物は
    誰でもなくて誰にでもある感じが良い

    そういう人たちの小さな日常が集まった東京
    リアルな過剰すぎない東京の匂いがする

  • 【ジャケ評】
    佐内正史の写真がすごくいい。
    昼間の写真家だと思っていたので夜の写真は意外だった。

  • 【ジャケ評】
    佐内正史の写真がすごくいい。
    昼間の写真家だと思っていたので夜の写真は意外だった。

  • 写真とショートストーリー。東京が好きならいいと思う。

    高円寺にすみたい。 さとこ

  • 080219

  • 写真集としてはすごく好きですが、自分にはやはり角田さんの感覚、というか書きたいことは好めないと改めて思った一冊。
    角田さんの本の読後感は、生活の、疲れている面を強調されてるような感覚になる。
    それは日常で充分感じることなので、わざわざ読みたいものではない。
    佐内さんの写真には、いつも自分の感覚(とりわけ嗅覚と色彩)との相似点をおぼえる。
    似た風景がすきなのかもしれない。

  • 気付いたら絶版になってて慌てて買った。
    (ハードカバーが欲しかったので)
    ジャケ&題名買い。
    これから読みます。

全17件中 1 - 10件を表示

プロフィール

角田 光代(かくた みつよ)。
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。

角田光代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする