私の財産告白

著者 :
  • 実業之日本社
3.88
  • (69)
  • (68)
  • (71)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 612
レビュー : 86
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408395821

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本多式貯金法は、収入の4分の1を貯金し、臨時収入は全て貯金し、家計簿をつけ、これを投資していくという方法。

    マネーフォワード代表の辻庸介さんがオススメしていたので読んでみたが、日本人が金を持つものを品性下劣と決めつけていることを非難し、金稼ぎを非難する人に対しての対処法を始め、議論をしている際の立ち回り方、部下への立ち回り方などは面白いと思った。

    本多さんは、木材に投資をしていたが、今の時代ビッグトレンド入りしているもの、例えば情報通信技術などの専門知識を持っていないとなかなか投資に入り込めないような複雑化しているものに投資するしかないので、これを機に投資についても軽く触れておきたいと思った。

  • <この本に学んだ教訓>

    ・失敗は人生の必須科目
    ・お金は自己革新と努力の副産物であり、面白くてたまらないという道楽の粕である
    ・好きな仕事に一生懸命に取り組め、不得手でも好きなら熱意で上手になり、うまくいく
    ・本職の足しになり勉強になる複数の収入源をもつこと
    ・370作もの著作は、買い手の求めさえあれば、学問の切り売りでも良いスタンスから生まれた
    ・給与よりも投資や副業の収入が多くなれば、経済独立をする事で勤務にもますます励めること
    ・資産家への第一歩は、収入の25%・臨時収入の100%を容赦なく貯蓄し、その残りで苦しい生活を押し通し、質素に暮らすこと。ただし、義理を欠く出すべきものを出さないケチはダメだ
    ・貯蓄で富は築けない。富を築くには投資を行うこと。
    投資は比較的安全という相対的有利な時に行うことが大事で、不景気でリスクを取り、好景気でリターンを取ることが肝要。
    ・投資先は、国家社会の発展を先回りして資金を投下すること
    ・超富裕層になるためには「金が金を生む」スノーボールを手に入れること
    ・人生計画を10年ごとに明確に持ち、感ずるところがあればそれを新たに修正し続けること
    ・世の中をまるがままに見、自分の頭で考えて生き抜き、低姿勢で謙虚に感謝の気持ちをもつこと
    ・85歳になっても「老い」ないのは、新しいことに挑戦し続けるからである
    ・欧米に比べ、日本は金持ちに気持ち良く金を使わせてやる雅量に乏しいので警戒すること

    詳細は、
    http://www.richbooks.club/entry/2015/11/05/155417

  • 四分の一貯金をすること。
    好景気には貯蓄、不景気には大胆な投資。
    貸すな、借りるなの戒律。
    仕事を道楽化すること。
    凡人は本業に徹すること。
    仕事に追われるのではなく、仕事を追うこと。
    政治には金が必要。大きな成功を実現してから臨むこと。
    人生即ち努力、努力即ち幸福。
    人が知ってはいるができないことをいかに実行するか。
    自分に相応の実力があるならば、もらった地位は受け入れること。

  • ずいぶん前に入手して積ん読になっていた本。
    前半の貯蓄・投資の心得(4分の1天引き貯金など)は実用的なノウハウ。
    後半の処世訓が、カーネギーの人を動かす的な なるほど感があって良かった。渋沢栄一氏らが同時代人として登場するのがさらによし。

    当たり前のことが書かれているが、圧倒的努力で実践続けることによって結果に差がつくことを思い知らされる良書。

  •  明治維新の前年慶応2年(1866年)生まれの著者が昭和25年に著したもの。
     具体例(山林投資など)は古いが、本質的な部分は現代に適用できる。

     巻頭の著者肖像写真を背景に書かれた文を転記する。
     これを読んで共感できる人は、読むための時間を投じるだけの価値があると思う。

    「金儲けは理屈でなくて、実際である。
     計画でなくて、努力である。
     予算でなくて、結果である。
     その秘伝はとなると、
     やっぱり根本的な心構えの問題となる。

     金というものは重宝なものだ。
     ところが、世の中には、
     往々間違った考えにとらわれて、
     この人生に最も大切な金を
     頭から否定してかかる手合いがある。

     投資の第一条件は安全確実である。
     しかしながら、絶対安全のみ期していては、
     いかなる投資にも、手も足も出ない。
     だから、絶対安全から比較的安全、
     というところまで歩み寄らねばならぬ。

     人生の最大幸福は職業の道楽化にある。
     富も、名誉も、美衣美食も、
     職業道楽の愉快さには比すべくもない」

  • 巨万の富を築いた東大教授により、昭和25年に書かれた本。財産を築く過程や、その使い方などが披露されており、誰でもできる範囲で努力すれば到達可能としている。そのきっかけとなったドイツ留学中のブレンタノ博士の言葉に巡り合えた幸運が大きいと思われる。「金のために自由を制せられ、心にもない屈従を強いられる。財産を作ることの根幹は勤勉貯蓄で、そのあとは有利な事業への投資」との言葉を忠実に実行しただけとしている。
    後半にある体験社会学も、「人生即努力、努力即幸福」をモットーとした著者の経験から、誰でもできる範囲で努力すれば到達可能としている。ほとんどの人が理解していてもできないので、できる人が成功しているとの解釈になるのだろう。

  • 人生即努力、努力即幸福。

    株は益2割利食い、10割で元手ゼロの株とするなどは、他でもよく聞くように、普遍的な手法なのだろう。

    収入の1/4 貯金は、確かに資産形成の基本である。

    経済的な独立が、本業の道楽化をもたらす。

    若いときから、貯金と著述を自らに課し、実践して結果を出した、というのが素晴らしい。

    投資には心構えが必要、ということで
    不惑の年を過ぎてはいるが、是非とも実践したい。

    手元に置いておきたい、名著だった。

  • 65年前の本なのに、すんなり読めた。
    給料の四分の一を貯金する
    不景気に投資 景気の良いときは節約
    仕事の道楽化

  • 本多静六著「私の財産告白」実業の日本社(2005)
    * 株式の話からすれば、2割利食い、十割益半分手放しの原則です。
    * 失敗は社会大学における必須科目である、
    * 人生の最大化は職業の道楽化にある。

  • 「財産4分の1貯蓄法」という考え方を読んでびっくりした。今自分がやっているお金の管理方法とまったく同じだからだ。自分の場合は目標に対してこれだけ貯蓄したいと思った額を逆算し、月額の貯金目標額を設定したのだが、たまたまその額が月収の4分の1と同じだった。この目標が間違っていないことを裏付ける内容だったので、読んでみて安心感が得られた。

    著者の考え方は、身の丈に合った生活をし、吝嗇と節約を分けてお金を貯める。ためたお金によってお金の「芯」ができたら、それを投資に回していくというものだ。奇をてらった実践は一切なく、誰もが意識すればできてしまうお金の管理法だ。だが、誰もがこの実効性と効用に気付いていても、それを実践できる人は一握りだという。

    今の段階で「正しいお金の管理」について考える機会があってよかった。お金に支配されない生活をしたい自分にとって、この本はお金の管理の基本となる考え方を余すところなく学べる良著だった。

全86件中 1 - 10件を表示

私の財産告白のその他の作品

私の財産告白 Kindle版 私の財産告白 本多静六
私の財産告白 Kindle版 私の財産告白 本多静六

本多静六の作品

私の財産告白を本棚に登録しているひと

ツイートする