ごはんのおとも

著者 :
  • 実業之日本社
4.39
  • (110)
  • (46)
  • (23)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 831
レビュー : 77
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408414027

作品紹介・あらすじ

これさえあれば、何杯だって食べられる。わが友、ごはんの友。

●たまごの黄身のしょうゆづけ×独身男子
●しそみその焼きおむすび×女子大生
●なすの浅漬け×おばあちゃん
●セロリのじゃこ炒め×おじいちゃん
●とりそぼろ×料理人……

路地裏の料理店「ひとくちや」にあつまる人たちを、心まであたためる8つのレシピ。もたいまさこさんも微笑! しあわせの笑みがこぼれる物語と美味しいレシピのあったかフルカラーコミック。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひとにとって“ごはんを食べる”という行為はただ食物を咀嚼して胃に送り込み、栄養とする、という事だけではない。
    食べている間は“安心して、そこにいてもいいと思えること”が重要だったりする。
    そういう時間が、日々の疲れや孤独感を和らげてくれるのだ。

    フクフクしたあったかい絵と満腹になったときの満ち足りた気分のような読後感を味わえる飯テロコミック。

    『きみとのであいは、』・・・たまごの黄身のしょうゆ漬け
    『さわがしいことのは』・・・しそみそとやきおにぎり
    『一膳分のあまやかし』・・・なめたけ
    『願いをこめて、』・・・なすの浅漬け
    『65歳の克服』・・・セロリのじゃこ炒め
    『たったひとこと』・・・こぶのつくだに
    『魔法みたいに』・・・とりそぼろ
    『ずうっと』・・・きんぴらごぼう
    『ごはんのあいず』

  • 本屋で表紙を見かけた日から、ずっと気になっていた。
    このたび購入。
    おいしそう!かわいい!!とすでに5回は読み返した。

    私も絵を書くことがあるが、この絵は一つの理想だ。
    リアルに描かれたキャラクターは読者の腹を鳴らし、各々のキャラクターは、まるこい可愛らしさでもって微笑をさそう。

    買って正解の名作である。
    ただ空腹のときに開くと、いわゆる「飯テロ」に遭う。
    注意されたし。

  • ご飯で日常の一コマが見れるなんて、すごい温かい気持ちになれました。
    絵の感じも優しいし、あったかいメッセージが込められている気がします。
    レシピも付いていて、作りたくなりました。

  • 表紙に一目惚れして購入。
    めちゃくちゃ素敵な本でした!絵は可愛くて、ごはんは凄く美味しそうで、ストーリーにほんわかして。心がぽかぽか♪

    ごはんが美味しいと人は幸せになれる。ごはんが温かいと心も温かい。美味しいごはんを食べれる今って幸せだなと自分の幸せを見つけた気分。

    出会えて良かったなと思える本でした。

  • 絵がとっても可愛くて素敵です。
    色や構図も凄く素敵✨

    お話はほっこりしたり、にっこりしたり、切なくなったり。でも優しさに満ちてて、読んだ後は心が温かくなります。そしてお腹が空いちゃう(笑)

    電子書籍を買ったけど、紙でも買うつもりです。
    手元において、寝る前とかにぱらぱら読みたい。

  • 絵が良い。。とても…。人物も食べ物も、地に足が着いているのにファンタジーの空気が混じっているような。ふわふわ。

    ゆるゆるとした心地よい人々の繋がりと、バランスよく美味しげな世界に入り込めた漫画だったな~。

  • 本屋さんで「かまいすぎる」お父さんのお話を立ち読みして涙。その後、2度ほど立ち読みをし、「かまいすぎる」お父さんのお話しは、どうしても、もう一度、ちゃんと読みたいと思って、「ごはんのおとも2」とまとめ買い。

    一話完結なのだけれど、いろいろなところにつながりの仕掛けがあって、あれあれって行きつ戻りつしながら楽しめる本。そして、ほろりとしたり、頑張れって応援したり、そうそう!!って膝を打ったり、いろんなことができる作品です。もちろん、美味しいごはんのおともの作り方つき。こんなご近所づきあいがあるところに住んでみたかったな。

    ちゃんと家で読もうと思ったもう一つの理由。読んでいるとお腹がすくから…。

  • 「騒がしいことのは」の
    家族からの荷物にじ~んときた。

    たまごの黄身のしょうゆ漬け
    がおいしそう~(´^q^`)

  • ホンワカ、ホンワカ。
    都会の片隅の心温まる屋台。
    店主も店主の奥さんもステキ。
    そこに集まる常連たちの癒される心。
    楽しく、かつ美味しい本でした。

  • まず絵が優しい。物語が優しい。ごはんが美味しそう。
    ほっこりしみじみとして、涙が出る。大人の絵本みたい。
    こんなお話で涙するなんてね、トシなのかなぁ(//▽//)。
    こんなお話を語ってみたいけれど、さてできるだろうか。

全77件中 1 - 10件を表示

ごはんのおとものその他の作品

ごはんのおとも Kindle版 ごはんのおとも たな

たなの作品

ごはんのおともを本棚に登録しているひと

ツイートする