母は汚屋敷住人

著者 :
  • 実業之日本社
3.08
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408414188

作品紹介・あらすじ

全部使う物だから、ゴミなんてひとつもない!!行政処分が先か!?隣人からの訴訟が先か!?片づけられない母VS片づけたい娘。荒れ果てた実家の汚屋敷で繰り広げられる2年戦争。読むと危機感に襲われる!?お片づけコミックエッセイ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 振り回されて、なかなか変わらない相手にはどうしたらいいのか、家族だからこそ抜け出せないのかもと思いました。

  • うわあああああ、ストレスたまるぅ!著者さんお疲れさま(涙)。

  • いろんな片付け系の本を読んで汚部屋住人が作る料理は総じて不味い(勝手にアレンジするから)とか、賞味期限を気にしないとか結構共通点があるなと思いました。我が家も当てはまるところがある…。
    しかし、別居中のお父さんたちが不要な家具を燃やすというのはそれだけストレスだったんだろうなぁと。田舎だからこそなせる業。
    ただ、最終的に片付けは途中で一旦終了しているが残念。

  • 病気なのか?異常事態に自分もならぬように気をつけねば。

  • 病気なんだろうけど、家族にいると本当に大変だなー

  • ホーダーという疾患を知った。片付けたいのに片付けられないのではなく、強迫観念の為片付けたくない人。(これは基本的にエッセイ漫画なので、そこにページはあまり割かれていなかった。)

  • 家の中は、使わないものだらけ。
    捨てればいいのに、いつか使う、と置きっぱなし。
    当然そんな所で料理が作られているわけですから
    料理の中にも混合物が…。

    気にしない、とかいう問題ではない気がしますが
    言われるまで、そこに気が付きませんでした。
    そういう環境なのだから、食事は普通、なわけがない。
    そんな食生活、お断りしたいです。

    しかしお手伝いさんがいた家に住んでいた、のに
    なぜそんな環境で大丈夫になるのでしょうか?
    捨てる事に強迫観念が…という事ですが
    幼少の頃、何かあったのでしょうか??

全7件中 1 - 7件を表示

母は汚屋敷住人のその他の作品

母は汚屋敷住人 Kindle版 母は汚屋敷住人 高嶋あがさ

高嶋あがさの作品

母は汚屋敷住人はこんなマンガです

ツイートする