妻は元ヒーロー(1) (リュエルコミックス)

著者 : 美樹ヌメ夫
  • 実業之日本社 (2017年8月9日発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (130ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408414706

妻は元ヒーロー(1) (リュエルコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いや、冗談ごぼう抜きで凄い
    ここまで「うおっ」と思わされたコメディは、実に久しぶりだ
    実業之日本社さん、良い漫画を世に出してくれたなぁ。感謝である
    一言で、この心の震えを表現するのであれば、「強烈」しかないな
    表紙を見れば一目瞭然だが、この作品のヒロイン・TEL子は強く、烈しい
    見た目だけじゃなく、その戦闘力も半端ない
    リアルに『女の友情と筋肉』の三ヒロインと互角に戦え、熱い友情を築けてしまいそう。下手すりゃ、『僕のヒーローアカデミア』のオールマイトや、『刃牙』の範馬勇次郎、『ONE-PUNCHMAN』のサイタマに戦慄を覚えさせるだろう
    しかし、内容はバトルアクションではなく、むしろ、ラブコメだ。まぁ、アクション要素が皆無ではなく、結構、濃い目ではあるってのは否めない
    ストーリーがアメコミ風の絵柄に合っており、相乗効果がある。わらいなく先生の『KEYMAN』を読んでいた人なら、間違いなく、ハマれるはずだ
    ヒロイン・TEL子の個性も、相当に規格外だが、そんな彼女に霞まされないほど、身近な者らもコアだ
    TEL子と流れで結婚したテディは、比較的に常識人ではあるが、見た目が結構、シュールだし、ツッコミもキレにキレている。けど、身体の大きさも含め、性格の相性的にもバランスが、ちゃんと取れるように考えられており、美樹先生、やるなぁ、と感服した
    TEL子の兄・マイクも性格がウザさが特徴的だが、その彼のパートナーであるヴィンセントは、更にぶっ飛んでいる。とある呪いが原因にしろ、パートナーであるマイクの殺害を幾度も試みるわ、ヴィランらの動きを探るために手段を選ばなかったり、外見も中身も清らかな実弟に浄化されそうになったり、と悪より悪っぽいとこがある
    こんな彼らが、(2)では(1)を越えるメチャクチャを巻き起こしそうで、楽しみなような、おっかないような
    とりあえず、女性キャラがいない・・・女性と一瞥しただけで分かるキャラがいないので、(2)では登場させてほしいもんだ
    男だけでも・・・・・・男+TEL子でも、十分に面白いが、まだまだ面白くするべきだ。仮に、美樹先生に女性はTEL子だけって信念があるなら、こっちも百歩譲って、男の娘を希望する。そんな男の娘に、TEL子がテディのために女子力を磨くストーリーが読みたい
    どの回も激烈だったが、特にとんでもねぇな、と思ったのは、ダイヤモンドよりも硬く、ゴリラよりも剛力を揮う、episode.3「Dress」だった。ギーニには、同情しかねぇ。いくら、悪人だからって、この仕打ちは酷ぇぜ
    この台詞を引用に選んだのは、思わず、金玉がキュッと縮み上がってしまったので。元とは言え、良いんだろうか、善玉がこんな脅し方をして

全1件中 1 - 1件を表示

妻は元ヒーロー(1) (リュエルコミックス)のその他の作品

美樹ヌメ夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする