だれでもわかる最新・素粒子の世界 (じっぴコンパクト新書)

著者 : 京極一樹
  • 実業之日本社 (2012年11月8日発売)
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • 12人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408454115

だれでもわかる最新・素粒子の世界 (じっぴコンパクト新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中学校では物質の最小構成単位は原子と習ったが、この本はさらに原子は何で構成されているかを解説。
    ニュースで話題に上ったカミオカンデ、LHC、ヒッグス粒子についても解説。原子の構成が理解できて胸のつかえが治まったが、更なる疑問が。

  • だれでもわかるとタイトルに書いてあるが
    この内容を理解できるのは物理が大好きな高校生か
    大学生だけではないか?
    物理が苦手な自分も、量子力学だけは少し何とかなったため
    読んでみたがさっぱりだった。
    端折りすぎているため
    理解しにくいしわかりづらい文章。

全2件中 1 - 2件を表示

京極一樹の作品

だれでもわかる最新・素粒子の世界 (じっぴコンパクト新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする