安保徹のやさしい解体新書

著者 :
  • 実業之日本社
3.89
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408454801

作品紹介・あらすじ

病気発症の過程をひもときながら、病気の予防法と対処法を免疫治療の観点からわかりやすく解説する。40年の研究結果をまとめた一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「無理せず」「楽せず」ですね(^-^)

  • 過酷な環境によるストレスで病気になる。
    医学会は病人が減ると基準値を変えて病気を作る。
    ミトコンドリアがどうにかしてくれる。

  • 人間の免疫力を信じましょうという内容で、勉強になった。病気を治すためには、「体温を上げる」ことが大切という書かれていたので、これから体を冷やさないように十分気をつけたい。

  • 一気に読んで終わるというより、一回は読んでその上で度々見返す…というような本。個人的には良書だと思うが、医療関係者からは考え方の違いから反発を覚える人もいるかもしれません。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

医学博士。新潟大学医学部教授。東北大学医学部卒業。米国アラバマ大学留学中の1980年に「ヒトNK細胞抗原CD57に対するモノクローナル抗体」を作製し、7番目の白血球の抗体の意で「Leu‐7」と名づける。1990年、胸腺外分化T細胞の発見により注目され、それ以来「古いリンパ球」を研究テーマとしている。

「年 『ナチュラルに高める免疫力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安保徹の作品

ツイートする