危険動物との戦い方マニュアル (「もしも?」の図鑑)

著者 :
制作 : 今泉 忠明 
  • 実業之日本社
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408455037

作品紹介・あらすじ

「もしも?」の世界へ誘う!漫画「冒険のはじまり」を掲載!!危険動物と遭遇したときに役立つ!?戦い方・生き残る方法を紹介!危険動物たちの特徴、その攻撃力、攻撃方法などは最新の調査・研究に基づいて解説!豊富なイラストを使用し、ビジュアルで楽しめる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 妄想する。家から外へ出たところで熊に遭遇したらどうしよう。
    通勤途中の電車にライオンが乗って来たらどうしよう。

    夜、寝床でこんなことを考え始めると怖くなって眠れなくなる。
    旦那は「そんなこと、ありえないから」と言って呆れ顔になる。

    しかし、絶対にないとは言えない。近年は熊が市街地にまで
    出没するようになったし、以前には千葉の寺院から飼っていた
    虎が逃げ出したなんてこともあった。

    その昔、東京・上野動物園から黒豹が逃げ出して、帝都厳戒
    体勢なんてこともあった。

    思いがけず危険動物と出会ってしまったらどう対処したら
    いいのか。それをイラストで紹介しているのが本書だ。

    おおっ!これは私の妄想に役立つのではないかっ!

    読み始めてすぐに脱力。だって、だって。虎にマタタビを
    与えろって何よ~。そりゃネコ科の動物ですよ。でっかい
    ネコだと思えばいいのかもしれませんが、そんなに都合よく
    マタタビがそこら辺に転がってるか?

    ピラニアうじゃうじゃの川を渡るなら、好物の生肉を投げて
    ピラニアが食いついている間に川を渡るんですって。

    アフリカゾウに出会ったらシマウマ模様の布で擬態。ヒクイ
    ドリなら棒で足払い。ワニと遭遇したら素早く背中に乗って
    ベルトで口を縛る。

    全編こんな感じの戦い方ばかり。はっきり言って実践には
    役に立たない。子供と一緒に楽しんで読むにはいいかもね。

    一応、この動物はこんなところが危険ですよという記述や
    海や川に出かける時の服装の注意や、怪我の応急処置等、
    真面目なコラムの部分は参考にはなる。

    但し、これを読んだ子供が実際にやってみようと思ったと
    したら、親御さんは全力で阻止して下さい。

    要はさ、動物や昆虫、爬虫類もそうだけどやたらと近づかない
    が一番の対処法なんだよね。

    だってペットの犬や猫だって、接し方を誤ると怪我するもの。

    尚、同じ「もしも?」シリーズで『恐竜の飼い方』も出ている
    らしい。こっちの方が面白そうだな。

  • 登録番号:11312 分類番号:480イ

  • 動物園に行く前に読むと、動物園が楽しくなりそう。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

動物学者(生態学、分類学)。1944年、動物学者である今泉吉典の二男として、東京に生まれる。東京水産大学(現・東京海洋大学)卒業後、当時、国立科学博物館に勤務していた父の誘いで、特別研究生として、哺乳類の生態調査に参加。その後、文部省(現・文部科学省)の国際生物学事業計画調査、日本列島の自然史科学的総合研究などにも参加した。伊豆高原ねこの博物館館長、日本動物科学研究所所長などを歴任。監修をつとめた『ざんねんないきもの事典』(高橋書店)は、2018年、「こどもの本総選挙」で第1位に選ばれた。動物関連の著書が多数あるほか、『講談社の動く図鑑MOVE』をはじめ、たくさんの動物本の監修も行っている。兄、息子ともに動物学者という“動物一家”の一員である。

「2018年 『気がつけば動物学者三代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

危険動物との戦い方マニュアル (「もしも?」の図鑑)のその他の作品

今泉忠明の作品

ツイートする