贄門島〈上〉 (ジョイ・ノベルス)

著者 : 内田康夫
  • 実業之日本社 (2005年1月発売)
3.00
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408504445

作品紹介

21年前、ボートの操舵ミスで房総の海に投げ出された浅見光彦の父・秀一は、美瀬島の漁船に助けられ、生死の境をさまよう床の中で、奇妙な声を聞いた。「そんなにつづけて送ることはない」「そうだな、来年に回すか」。そして父は、その翌年亡くなった。あれは死神たちの会話だったのかもしれない-母・雪江から聞いた話に興味を抱いた浅見は島を訪れ、不気味な光景の記憶におびえる天羽紗枝子と出会う。ところが、浅見と共に島へ渡ったルポライター・平子、浅見の父と親交のあった代議士秘書・増田が、相次いで水死体で発見されて…。

贄門島〈上〉 (ジョイ・ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 獄門島をリスペクトしたタイトルなのか。

    ストーリー展開は安定して面白いんだけど、浅見光彦が苦手なタイプでした。
    あいつちょっとモテると思っていい気になってるね。

全1件中 1 - 1件を表示

贄門島〈上〉 (ジョイ・ノベルス)のその他の作品

贄門島 上 単行本 贄門島 上 内田康夫
贄門島 上 (角川文庫) 文庫 贄門島 上 (角川文庫) 内田康夫

内田康夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

贄門島〈上〉 (ジョイ・ノベルス)はこんな本です

ツイートする