時を巡る肖像 (ジョイ・ノベルス)

著者 :
  • 実業之日本社
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408505015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵画修復士の御倉瞬介を主人公とした美術系ミステリ。ガチガチのトリック→ロジックというよりは、医学や化学の理論を用いた設定や、美術家の情や業がメインとなった作品集といった印象。
    『ピカソの空白』
    事件の設定自体よりも、冷泉朋明の性格が一番の謎となっている作品。
    『『金蓉』の前の二人』
    自画像を中心として、人としての業が描かれている。
    『遺影、『デルフトの眺望』』
    ダイイングメッセージは知識がないと解けないけど、それを残そうとした男の感情が心を暖かくさせる。
    『モネの赤い睡蓮』
    謎解きの場面までに描かれた些細な描写が手がかりとなってくる、直球の謎解き。なのだけど、心に残っているのは藤崎ナツの複雑な心情。
    『デューラーの瞳』
    トリックも非情に魅力的なのだけど、やはりこれも登場人物の複雑な心情が一番の魅力になっている。

  • 柄刀一はトリックよりも描写と物語の見せ方が魅力的なもの多くて、『時を巡る肖像』もそれの典型であると思う。表題作と「『金蓉』の前の二人」が好き。

  • まだ半分しか読んでないけど…面白くなかったから、ここでリタイアしますごめんなさい。主人公の心理とか行動がつかめなくてもやっとするんです。ちょっと読むに堪えない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1959年北海道生まれ。公募アンソロジー『本格推理』への参加を経て、98年『3000年の密室』でデビュー。主な著書に『アリア系銀河鉄道』『凍るタナトス』『シクラメンと、見えない密室』『ゴーレムの檻』『密室キングダム』『天才・龍之介がゆく』シリーズなど多数。(2011年12月3日現在)

「2013年 『システィーナ・スカル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

時を巡る肖像 (ジョイ・ノベルス)のその他の作品

柄刀一の作品

ツイートする