秋山郷 殺人秘境 (ジョイ・ノベルス)

著者 :
  • 実業之日本社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408505138

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私立探偵・小仏太郎が刑事時代同僚だった若手女性刑事の金沢夏未が何者かに刺殺された。
    夏未は個人的な依頼に応え、ストーカーの調査をしていたという。
    小仏は新潟、長野両県にまたがり、「最後の秘境」といわれた秋山郷での夏未の葬儀に出席するが、夏未は尾瀬で起きた女性遭難事件に興味を抱いていた、との新証言を得る。
    さらに調査を進めようとする小仏だが、警視庁の元同僚・安間から「深入りするな」と忠告され――!?
    (アマゾンより引用)

    この作家さんの書く物語って、どのシリーズでもお話の構成が同じで何か違うシリーズ読んでる感がない(´・ω・`)
    何でわざわざシリーズを変えなきゃならないのかの意味が分からなくなるほどに。
    そして毎度のことながら、犯人初登場が遅すぎる。
    何回も言うようだけど、面白さ半減。

  • うっかり読んじゃった(爆)小仏太郎シリーズ。
    小仏さんが思ってたよりもハードボイルドな感じでした。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1933年長野県生まれ。80年『九月の渓で』で第3回エンターテイメント小説大賞受賞。長年の登山経験を活かした山岳ミステリーや、都会人の複雑な人間模様を主題にした作品に定評がある。『百名山殺人事件』『白神山地殺人事件』等著書多数。

「2020年 『人情刑事・道原伝吉 松本-鹿児島殺人連鎖』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梓林太郎の作品

秋山郷 殺人秘境 (ジョイ・ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする