任侠学園 (ジョイ・ノベルス)

著者 : 今野敏
  • 実業之日本社 (2010年1月20日発売)
3.87
  • (7)
  • (20)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 96人登録
  • 14レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408505169

任侠学園 (ジョイ・ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とせいにつづく阿岐本一家のお話。
    今回は学校経営に乗り出す羽目に。

    果たしてヤクザは、高校を復活させられるのか。


    ちょっと前回の流れそのまま過ぎたような。
    でも登場人物たちがいいです。

  • 第2弾も面白くって一気読み。今回は荒れ果てた高校の立て直し。嫌々なのに最後には…って王道ではあるけれど、ヤクザだからこそな感じが面白いし、阿岐本組長と日村さんが何とも絶妙なバランスで良い。次も楽しみ。

  • やくざが高校を立て直す。
    テレビドラマで見たような見ないような。
    期待していなかったけどおもしろかった。
    どこも中間管理職は大変だ。

  • 図書館で借りた。

    今野敏

  • 面白かった〜。任侠病院先に読んで次これ読んだから次はとせい。

  • いやいや、そんなに上手くはいかないでしょ。と思わなくもないんだけど。
    そして、オヤジさん、凄すぎでしょ。
    日本人に恥がなくなった。
    確かにその通りだなと思う。
    号泣議員とかね…。

    次は病院!!

  • 「とせい」につづく作者の任侠シリーズ2作目。

    今回は地に落ちた学校の建て直し。

    人の良い組長に振り回されながらも、頼りになる代貸がまたやってくれます。

    展開が読めちゃうところはあるけれど、痛快なところがたまらなく、次の「任侠病院」も読みたくなること間違いなし。

  • 今回は荒廃した学校の立て直し。
    相変わらずの阿岐本親分の人を食ったような大物ぶり、それに対する代貸・日村は苦労が絶えません。
    昔の青春ドラマを読むようだけど、さすがに今野さん、読ませますね。
    続きを読むのが楽しみです。

  • 今回は学校の建て直し。
    相変わらず期待を裏切らない親分。頼りになります。
    気遣いすぎの日村。近いうちに胃に穴が開くと思う。

  • 学園ものです。昨今のゆとり全開な学園再建にヤクザが乗り出す。おそらくこう聞くと大半の人は「ヤクザとDQN、またはモンペあたりが対決なんだろうなあ」と想像するかも知れませんが・・・まあ概ねそんな感じですw

    いやでもなんか面白かったですね。娯楽小説的な側面は強かったにせよ、いろんなところでツボはおさえているというか。普通におすすめできます。
    ただ「阿岐本組」の面々的に魅力的なバックストーリーが用意されているようで・・・特にみんな活躍することなく終わっていったような・・と思ったら、これってシリーズものの2作目だったのね・・・

全14件中 1 - 10件を表示

任侠学園 (ジョイ・ノベルス)のその他の作品

今野敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
今野 敏
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

任侠学園 (ジョイ・ノベルス)はこんな本です

ツイートする