十津川警部あの日、東海道で (ジョイ・ノベルス)

著者 : 西村京太郎
  • 実業之日本社 (2010年1月20日発売)
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408505183

十津川警部あの日、東海道で (ジョイ・ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 刑事の学生時代の事件から始まる。
    同じ日に東海道で死亡事件が2つ。
    ちょうど、青春18切符できままな旅をしていた。
    亡くなった一人とは顔を合わせている。

    事件ではなく事故として処理され5年が経過。
    ちょうどその時に寄った喫茶店の所有者が交通事故死。
    その喫茶店にあったのと同じ版画を持った男が東京で殺される。

    細い糸が,からみあいながら繋がって行く。

    私立探偵が裏でいろいろ活動する。
    警察に先に情報を伝えずに,復讐に加担した私立探偵。
    十津川警部は激しく起訴を主張したのは、
    彼女,彼らの心情を汲んでのことだと思われる。

    上部を説得するのに、思ったことと反対のことを激しく主張するのも手なのだろう。

  • 東海道、出ました。
    吉原が舞台でした。

全2件中 1 - 2件を表示

十津川警部あの日、東海道で (ジョイ・ノベルス)のその他の作品

西村京太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西村 京太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

十津川警部あの日、東海道で (ジョイ・ノベルス)はこんな本です

ツイートする