プラスチック・ラブ

著者 :
  • 実業之日本社
3.43
  • (1)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408533056

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 柚木草平さんシリーズと聞いたので読んでみたけど、メインは柚木さんというより木村くん。
    なので柚木さん出て来た瞬間「やっとでた!」と、つい言ってしまうという…ww

    しかし木村くん、柚木さんに負けず劣らずトレンディ。将来絶対女で苦労するタイプ。柚木さんみたくなるなこりゃ。

  • (収録作品)クリスマスの前の日には/プラスチック・ラブ/団子坂/夏色流し/ヴォーカル/川トンボ/春はいつも/雪のふる前の日には

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一九五〇年、群馬県前橋市生まれ。八八年に『ぼくと、ぼくらの夏』で第六回サントリーミステリー大賞読者賞を受賞。次作『風少女』が直木賞候補となる。主な著書に『彼女はたぶん魔法を使う』にはじまる〈柚木草平シリーズ〉、『猿の悲しみ』『遠い国からきた少年』の〈風町サエシリーズ〉、時代小説『船宿たき川捕物暦』のほか、『ピース』『金魚鉢の夏』『風景を見る犬』『あなたの隣にいる孤独』『平凡な革命家の食卓』などがある。

「2018年 『亀と観覧車』 で使われていた紹介文から引用しています。」

プラスチック・ラブのその他の作品

樋口有介の作品

ツイートする