寡黙な死骸 みだらな弔い

著者 :
  • 実業之日本社
3.78
  • (28)
  • (29)
  • (44)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 180
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408533407

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いやぁ〜面白かった!

    死を扱いながらも、
    これほど甘美で官能的な作品集は
    そうそう
    お目にかかれないんじゃないかな。


    物語に施された仕掛けが解る頃には
    ページを繰る指が止まらなくなる
    圧倒的な筆力もスゴい。



    それぞれが微妙に重なり合いリンクする
    連作短編集だけど、

    作品全体に漂う
    静謐でいて
    濃密な死の匂いと
    秘密めいた背徳の香り、

    視覚と臭覚を強烈に刺激する
    美しく慎み深い文体に
    ただただ
    うっとりとしてしまいます。



    腐っていく
    苺のショートケーキや

    キッチンで
    密やかに泣く少女、

    少女の唇からあふれ出す
    キーウイの果汁など、

    沢山の淫らでエロティックなものを
    モチーフとしながらも
    品性を失わない文体は
    さすが小川さんって感じかな。



    冷蔵庫の中で窒息死した息子のために、
    誕生日のケーキを買いに来た母親を描いた
    「洋菓子屋の午後」


    謎の老婆が作るキーウイと
    手の形をした人参の謎がコワい!
    「老婆 J」


    白衣のポケットから出てきたのは
    干からびたプラムの実、球根、ミャミソール、聖書、コンドーム、
    そして…!!
    「白衣」


    心臓を入れる鞄を依頼された職人の悲劇を描いた傑作
    「心臓の仮縫い」


    傷心の彼女が
    古い家で見たものは、
    様々な国で使われていた拷問器具の数々だった…
    「拷問博物館へようこそ」


    などなど
    下手なホラーより怖くて
    幻想的な全11編。



    しかし小川作品を読むと
    いつも死を考えさせられます。


    動物にとっては
    当たり前に受け入れるだけの「死」が
    人間にとっては
    あたかも異常なことのように
    見なされてる現実。


    人は生きていることが当たり前になって勘違いしてしまいがちだけど、
    ちょっとした風向きの変化で
    今ある命なんて
    簡単に消滅してしまう儚い存在だということを
    常にどこかに持っていなければと思う。


    「自分は、死ぬところに向かって
    生きているんだ……」

    と漠然と考えるだけでいい。


    それだけで
    人への接し方や
    毎日の選ぶ行動や
    生きる姿勢までもが違ってくると思う。



    とまぁ、そんなこんなで(笑)、
    エロとグロが幻想的に絡み合う、
    イッキ読み必至の
    傑作ですよ〜(^_^)v

  • タイトル通り「寡黙な死骸 と みだらな弔い」が存在する。
    最後まで読んだ人は2周読みたくなる。

  • 「博士の愛した数式」の作風を想像して読んだら、思いのほかホラーで驚いた。それぞれの短編が少しずつリンクしていて、宝探しするような気分で読み進めることができた。

  • 図書館で借りた本。

    不思議に話の繋がった短編が11編。
    それぞれの繋がりを書き出して読み返したくなる。
    ただ、ハムスターとベンガル虎の亡くなる様が心につくささった。

  • 誰かの死が誰かと繋がる。輪廻転生の多人生感が好き。

  • 図書館で予約した本を手渡されたときには この表紙にギョッとしてしまったが 読めばこの絵が最高にマッチしているのだった。小川さんのこういうミステリアスな作品が好きだ。ぞぞーっとするのだけど いつの間にかその狂気さえ 美しく感じられるようになるのが 小川マジックの恐ろしいところだ。

  • 死を取り上げた短編集。
    いずれも現実なのか虚構なのか不思議な感覚が漂っていて惹きつけられる。
    特に「心臓の仮縫い」が印象的だった。

  • それぞれの話に「死」がありました。そして繋がりがあって面白かったです。あまりにも静かなので、死に気づかないときがありました(笑)

    好きだな、これ。

  • 小川洋子勝手に集中プロジェクトの一環。97年の作品。この人の作品は、2003年の博士の愛した数式以降をぽつぽつとしか読んだことがなかったが、本作の文体はどこか妙に借り物っぽく、話も作り物くさく、技巧を尽くしているのにぎこちない。一方で身体に密着した感覚やドロドロとした不気味さがあってこちらは本当なんだろう。日本の女性作家はどこか怖い人が多いイメージだけど、この人は違うタイプかと思っていた。どこかでドロドロを浄化したのだろうか?
    追記
    文体の借り物くささは村上春樹ちっくなのですが、この方春樹ファンなのだそうで、納得。

  • ひとつひとつの物語が互いに緩い関連を持った短編の連作でありながら、全体としてはエッシャーの絵画を思わせるような物語の迷宮。
    何の変哲も無い街中のケーキ屋から始まる物語は次第に変容を見せ始め、半ばまで読んだらすっかり迷宮世界に迷い込んでいる。
    最後まで読んだところで、すでにこの世界から抜け出せなくなっている自分に気付く。

    グロテスクな描写が少しも禍々しさを感じさせないこの作家だが、物語自体は確実に読者の精神を侵食し虜にしてしまうような毒、あるいは麻薬を含んでいる。
    トラウマを植えつけてしまいそうな樋上公実子によるカバーと挿絵も物語によく馴染んで迷宮のような世界をいっそう際立たせている。

全44件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

寡黙な死骸 みだらな弔いのその他の作品

小川洋子の作品

ツイートする