はじめての小説―内田康夫&東京・北区が選んだ気鋭のミステリー

制作 : 内田 康夫 
  • 実業之日本社
2.57
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408535180

作品紹介・あらすじ

名探偵浅見光彦さん。あなたの街でまた事件です!北区内田康夫ミステリー文学賞大賞受賞作と浅見光彦ミステリーの競演!東京の小さな街から生まれた「はじめての小説」集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  内田康夫著というより北区の内田康夫賞受賞作を集めた物。
     

  • (収録作品)はじめての小説 北区内田康夫ミステリー文学賞大賞受賞作品集(黒い服の未亡人(汐見薫(第一回受賞作))/夢見の噺(清水雅世(第二回受賞作))/ドリーム・アレイの錬金術師(山下欣宏(第三回受賞作)/師団坂・六○(井水伶(第四回受賞作)/天狗のいたずら(田端六六(第五回受賞作))/浅見光彦ミステリー 鏡の女(内田康夫)/「はじめて」の作家・内田康夫と名探偵・浅見光彦の謎(山前譲)/特別企画 名探偵・浅見光彦が住むミステリータウン「北区」へようこそ(不思議の街『北区』に生まれて(内田康夫)/内田ミステリーの舞台を歩く 北区・浅見光彦ミステリーさんぽ ほか)/特別対談 内田康夫×浅見光彦「プロ作家になる!」

  • 何人もの作家の、最初の作品を集めたもの?らしい。最初とゆーても、どれもしっかりミステリーで面白い。短編の集まりなので、これだけあれば、好きなタイプも見つかるのでは。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする