Re-born はじまりの一歩

  • 実業之日本社
3.26
  • (34)
  • (119)
  • (317)
  • (34)
  • (9)
本棚登録 : 1020
レビュー : 190
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408535258

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お目当てだった伊坂幸太郎のは、ちょっと期待ハズレだったかも・・・

  • 7人の作家さんが書いてるアンソロジー。いいのもあれば???菜のもあり。私は福田栄一さんの「あの日の二十メートル」が好きでした。伊坂さんのはこれはイマイチかな?瀬尾さんも。でも、アンソロジーは普段自分が読まない作家さんに触れることが出来るのでとても得した気分で読みました。涙もいっぱい流して全体的にはまあまあかな?

  • 「はじまり」をテーマに描かれる7つのストーリー。7人の作家による短編集。
    個人的には中島京子の「コワリョーフの鼻」、伊坂幸太郎の「残り全部バケーション」が面白かった。(むしろ伊坂幸太郎目当てで買ったのだけど・・)
    「残り全部バケーション」の主人公・岡田のセリフが印象的だった。
    「過去のことばっかり見てると、意味ないですよ。
     車だって、ずっとバックミラーばかり見てたら、危ないじゃないですか。事故りますよ。
     ・・・来た道なんて、ときどき確認するくらいがちょうどいいですよ。」

  • 後で書きます。

  • 宮下奈都「よろこびの歌」だけ読んだ(図書館の返却日が迫っていた)。やっぱり理想的な文章を書く人だなぁと思った。主人公の気持ちが響いてひりひりする。

  • やっぱ伊坂さんのがよかった気が。

  • 副題をテーマにいくつかの作家の短編が入っている。
    結果、どの作品においても、主人公は最後に生まれ変わる感覚を手にしている。

    伊坂氏も載ってると言うことで借りた。好きだから最初に読んだね。
    相変わらずの読後感。ソーダ水飲みきった後のよう。
    だからちょっと青臭いんだよね。
    それがよかったり鼻に付いたりで結局読んでしまうのよ。
    そして、今回の物語に登場する岡田という青年。
    私は伊坂の書くこういう奴を気に入ってしまう。
    リアルにいてもいなくてもいい感じでいい。
    お得意のリンクでまたどこかで会えるのを期待する。

    他の方々も面白かった。
    こういうよせあつめって他の作家との出会いだったりするから不思議。
    とりあえず福田栄一は次回候補。

  • 伊坂幸太郎&瀬尾まいこ目当てで読みましたが、他のも合わせてとても面白かった。
    それぞれなにか一歩を踏み出すキッカケのようなお話となっております。
    夫にヒミツを打ち明けたり、家族が解散したり、兄弟の絆を感じたり、自分の才能を開花させたり。そんな何かのきっかけのお話たち。
    自分的には特にどれがってワケでもなくそれぞれそれなりに良かったですね。

  • 「その日二十メートル」「残り全部バケーション」が好き。
    他は何かクサいというか癖のある文章だった。

  • よろこびの歌 宮下奈都/あの日の二十メートル 福田栄一/ゴーストライター 瀬尾まいこ/コワリョーフの鼻/中島京子/会ったことがない女 平山瑞穂/瞬間、金色 豊島ミホ/残り全部バケーション 伊坂幸太郎 どれもなかなかよかったが、「あの日の二十メートル」と「会ったことがない女」が心に残った。2010/1

全190件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

Re-born はじまりの一歩のその他の作品

伊坂幸太郎の作品

ツイートする