恋のゴンドラ

著者 :
  • 実業之日本社
3.29
  • (62)
  • (245)
  • (384)
  • (95)
  • (20)
本棚登録 : 2120
レビュー : 316
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408536958

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミステリ要素は皆無のスキー場を舞台にしたラブコメ短編集。
    面白いけど、全体的男性目線。
    (図書館)

  • 雪山シリーズではないけど, ゲレンデのお話。そして, 根津さんもちょこっと登場。
    恋愛短編集で, 雪山シリーズもさらっと読めるけど, それ以上に手軽に読めちゃう。
    短編集と言えど, そこは東野圭吾。それぞれの物語の主人公は異なるけれど, 最後に全員合流します。ハッピーエンドに向かいますように…。

  • 恋愛もの⁉️だった

  • 最後「はあ~?」と声をあげてしまったくらい読後感は悪い。

  • 寒いのが苦手な私もゲレンデで恋をして、パウダースノーを滑りたくなる。ウキウキ。

    スナック感覚で楽しめる一冊。
    だけどさすが東野さん。要所要所でクスッと、ドキッとさせてくれます。

  • 気楽に読める恋愛?もの。東野圭吾のニヒルな笑いが随所にあり楽しめる。

  • 偶然が偶然を呼ぶ奇跡の恋のゲレンデマジック。

    ・ゴンドラ
    ・リフト
    ・プロポーズ大作戦
    ・ゲレコン
    ・スキー一家
    ・プロポーズ大作戦 リベンジ
    ・ゴンドラ リプレイ

    里沢温泉スキー場を舞台に、浮気相手と同棲中の彼女と同じゴンドラに乗り合わせる男の窮地や、好きになった女性をゲレンデで奪われる男、スキー場での合コン、熱き友情で実現したプロポーズ大作戦など。

    全ての登場人物がつながり、最後に衝撃の結末が。


    さすがタダでは終わらせない東野作品。

    いい意味で期待を裏切ってくれます。

  • 実際、ここまで偶然が重なることがあるかいっ!それに、いつも同じスキー場しかいかないのかいっ!などと突っ込みたくなる(笑)が、それが小説というもの。限られた人間関係と舞台設定で、上手に読者を引き込むものだなぁと思った。普段あまり本を読まない人でも楽しめるのでは?

  • 最後が面白かった笑
    私ならゴンドラの中で正体あかして
    ふざけんなよ!って言う笑
    気まづい時間を最大限に味わせる

  • 恋愛について考えさせられる一冊だった。付き合うというのは軽い気持ちでするものではないと改めて感じた。あと浮気は絶対にしてはいけないものだと思った。4.5節に別れた短編集に思えたが、結局は7.8人の男女が通して登場しており、話がすべて繋がっていた。最後の最後ですべての話の伏線を回収するストーリーができていて、正直最後はゾッとして、見たくなかった笑 最後さらっと見た。

全316件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

東野圭吾の作品

ツイートする