恋のゴンドラ

著者 :
  • 実業之日本社
3.29
  • (62)
  • (246)
  • (385)
  • (96)
  • (20)
本棚登録 : 2124
レビュー : 317
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408536958

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかなか殺人が起きないと思っていたら、最後まで誰も死なない。そういう感じか。いろんな伏線なんだろうなーって読んでいくのが楽しく、ガンガン読めて、やっぱり好きだわ、東野さんの作品。次は何を読もうかな。

  • スノボ雑誌に連載された、ゲレンデを舞台にしたラブコメ連作短編集。ゴーグルとマスクで顔が隠れているのを上手く活かしてる。気付けよ!と突っ込みをいれたくなる。年齢設定が三十前後なのが軽くなりすぎなくて良い。

  • いつ人が死ぬのかなと思っていたら、最後まで軽い感じで終わってびっくりしました。
    修羅場も多いはずなのに終始明るい雰囲気、ラブコメに近いと思う。

    見どころは、色々なユッキ山サプライズでしょうか、作者はいつもこんなことを考えていたのかなぁと思うと楽しくなる。

  • 短編か!?
    と思ったら…。
    ん~、読みやすかったけど。

  • ゲレンデを舞台にした連作短編。
    スイスイ読めて、とても気持ちが良い。

    何度か、全く男ってやつは…と思ったりもしたけども。笑
    上手くいく恋もあれば、背水の陣に追い詰められる恋、不器用な恋もあり、
    人それぞれ恋の形は違うなと改めて感じた。
    1つのゲレンデでこんなにエピソードが作れるとは…さすがです。

    日田の恋が報われないのが切ない。。
    上手くいかせてあげて( ̄▽ ̄;)

  • 久し振りに1日で読了。自身もスノーボーダーだから、描写がすんなりイメージできるし、非常に面白い。今すぐ滑りに行きたくなる。
    タイトル『恋のゴンドラ』好きな人と一緒にいくボード旅行では、一緒のリフトに一度でも乗れるかどうかって、側から見たらくだらないかもしれないけど、すごく重要だったなー。
    ゲレコンこそ参加した事はないけど、知らないメンバーとスノボに行くことは覚えてないほどあるけど…ロマンスがないこともないけど、実った恋はなかったな笑

  • 面白かった。
    雪山とは無縁だが、東野圭吾氏のゲレンデが舞台の小説を読むたびにワクワクした気分になる。平昌オリンピックも近いこともあるので、スノーボードやスキーのレースを楽しみたいと思う。
    短編で区切られているものの、章ごとに主人公が入れ替わる話でスピード感もあって、楽しい(?)恋愛小説でした。
    実際あったら怖い話もたくさんあったが…

  • ドキドキワクワクでいい。冬に読むと尚面白い。

  • 結婚を目前に控えた広太は浮気相手とスノーボードに来ていた。ところが、ゴンドラで婚約者と乗り合わせて…。東野圭吾が“恋愛”という永遠のミステリーに真っ向から挑む短編集。

    発売後しばらくしてから図書館の予約をしたら1年2ヵ月も待たされた。さすがの東野作品の人気だと思ったけれど、タイトルから想像できる通り、内容の薄い、軽い連作短編集だった。
    (Ⅽ)

  • 短編風なので気軽に読める。

全317件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

東野圭吾の作品

ツイートする