恋のゴンドラ

著者 :
  • 実業之日本社
3.29
  • (62)
  • (246)
  • (385)
  • (96)
  • (20)
本棚登録 : 2124
レビュー : 317
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408536958

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東野圭吾さんの本は78冊目。
    ですが、前作『ラプラスの魔女』を読んでから約1年ぶりでした。

    東野さんの濃厚な作品ではなく、さらさらと読めるラブコメ(?)
    スキー場を舞台に繰り広げられる恋模様が可笑しくて。
    気が付けば一気読みでした。

  • まさかの恋バナ短編集。
    スリルとサスペンスは何も無いゲレンデに花咲く能天気な4組のカップルのお話。
    しかしながら流石は東野圭吾、こんな馬鹿話でもキッチリと起承転結を作るところが凄い。
    そう、主人公が短編毎に違うが、最後に収斂するように作っているのだ。上手いね〜、ホントに。
    最後の「里澤温泉スキー場に絶叫がこだました。」で笑っちゃいます。それでも桃実ちゃんと日田君には幸せになって欲しいけど。

  • 【ネタバレ】そもそもスノーボーダーに関しては全くいいイメージがないし、1話を読んでますますその感を強くしたわけですが、話が進むと共になかなかいい感じになってきて期待したというのにこのオチはいただけません。日田君、かわいそすぎ

  • 男のダメさ加減というか、女性にはそういう風に見えているのだと説明されているのが面白い。読むとわかるが、スキーやスノーボードに行きたくなる作品であり、車と同様でスキー場だと人が変わるって感覚さえ起こる。サスペンス要素はないが恋にまつわる様々なトリックがあってそこがなかなか良くできている。20代後半から30代の方が読むとリアル?それ以降の年齢の方が読むとまたちょっと違った感覚になるかも。

  • 「白銀ジャック」や「疾風ロンド」の舞台である里沢温泉スキー場で
    繰り広げられるラブストーリー短編集です。

    ただそれぞれのお話の登場人物は色々な場面で繋がっていて、連作仕立て
    になっています。

    作者本人もスノーボードをやるらしいですが、なんだか自分も挑戦して
    みたくなる一冊です。

  • 気楽に読める恋愛?もの。東野圭吾のニヒルな笑いが随所にあり楽しめる。

  • 偶然が偶然を呼ぶ奇跡の恋のゲレンデマジック。

    ・ゴンドラ
    ・リフト
    ・プロポーズ大作戦
    ・ゲレコン
    ・スキー一家
    ・プロポーズ大作戦 リベンジ
    ・ゴンドラ リプレイ

    里沢温泉スキー場を舞台に、浮気相手と同棲中の彼女と同じゴンドラに乗り合わせる男の窮地や、好きになった女性をゲレンデで奪われる男、スキー場での合コン、熱き友情で実現したプロポーズ大作戦など。

    全ての登場人物がつながり、最後に衝撃の結末が。


    さすがタダでは終わらせない東野作品。

    いい意味で期待を裏切ってくれます。

  • 最後が面白かった笑
    私ならゴンドラの中で正体あかして
    ふざけんなよ!って言う笑
    気まづい時間を最大限に味わせる

  • 恋愛について考えさせられる一冊だった。付き合うというのは軽い気持ちでするものではないと改めて感じた。あと浮気は絶対にしてはいけないものだと思った。4.5節に別れた短編集に思えたが、結局は7.8人の男女が通して登場しており、話がすべて繋がっていた。最後の最後ですべての話の伏線を回収するストーリーができていて、正直最後はゾッとして、見たくなかった笑 最後さらっと見た。


  • 自分はスノーボードが好きなので、細かなスキー場の描写が手に取るようによくわかり、景色が目に浮かびました。各短編がまったく別ものではなく、登場人物が複雑に絡み合っているのも斬新でした。さすが東野圭吾作品です。
    凄く読みやすかったし、ハラハラする展開が最高でした。スノーボードをやられてる方は凄く読みやすい本だと思います。あっ、スノーボードをやらない人にも十分楽しめるスリリングな本だと思います。

著者プロフィール

東野圭吾(ひがしの けいご)
1958年大阪市生野区生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒。大学在学中はアーチェリー部主将を務める。1981年に日本電装株式会社(現デンソー)にエンジニアとして入社し、勤務の傍ら推理小説を執筆する。1985年『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタート。2006年『容疑者Xの献身』で第134回直木三十五賞を受賞。2013年『夢幻花』では第26回柴田錬三郎賞を受賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で第48回吉川英治文学賞受賞。現在、直木三十五賞選考委員を務めている。代表作としてガリレオ・新参者シリーズに加え、映画化された『手紙』『ラプラスの魔女』。ほかにもテレビドラマ・映画化された作品が多い。2018-19年の作品では、『人魚の眠る家』、『マスカレード・ホテル』、『ダイイング・アイ』、そして今後の映画化作として玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太らの共演作『パラレルワールド・ラブストーリー』(2019年5月31日映画公開)がある。なお、中国で『ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-』が舞台化・映画化され、映画はジャッキー・チェンが西田敏行と同じ雑貨店店主役で出演する。2019年7月5日、「令和」初の最新書き下ろし長編ミステリー『希望の糸』を刊行。

東野圭吾の作品

ツイートする