ぐるぐる♡博物館

著者 :
  • 実業之日本社
3.55
  • (20)
  • (59)
  • (78)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 689
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408537078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  三浦しをんさんが,日本のいろいろな博物館を見に行き,それをレポートした本。
     10の博物館と,おまけとして3館について紹介。

     博物館というと,お堅いイメージもあるが,お堅いものだけでなく,面白いもの,ゆるいもの,ニッチなもの,地元の人達とのふれあいも感じられるものと様々である。
     それが,三浦さんの文章でとても面白くなっている。

     上野の国立科学博物館は,オイラもわりと行く博物館だが,猿人やフローレス原人などのくだりは,見てはいたけれどそこまで細かい知識として知らなかったのである。

     また石ノ森萬画館は,この本を読んでぜひとも行きたくなった。
     まず宮城県石巻市まで行くのがオイラにとってハードルが高いのだが,宮城に行くことがあったらぜひともルートに入れたい。

  • はあああああ面白かったあああ
    元々美術館とか博物館とか大好きなので、それをしをん先生の語り口で魅力を知れるなんて幸せ❤️

    鯖江のめがねミュージアム行ってみたいなぁ
    ボタンの博物館は東京に移転したのかな?調べてみて東京にあるなら今度行ってみようっと。

  • 「紡」「ジェイ・ノベル」などに連載された博物館探訪記。縄文文考古館や奇石博物館などマイナーから国立科学博物館や石ノ森漫画館などメジャーいろいろ10館。博物館は、無機質な箱やお勉強の場じゃない。

    魅力的で情熱にあふれた人が運営している特有の魅力を持つところ、というのに、そうだよな、でなきゃできないもの、と思いました。

  • 2019 4/11

  • 三浦しをん氏による博物館探訪記。
    この方、興味の幅がとても広いため、どこの博物館でもかなり楽しそうで、どの博物館の章も読んでいて楽しい。そしてよくぞ出会ったな!という他の来館者の行動や会話(特におばあちゃんと孫の例の会話には思わず吹き出した)のエピソードが素晴らしい。笑

    どこの博物館にも行ってみたくなったけど、個人的にはボタンの博物館と石ノ森 章太郎萬画館、そして熱海の秘宝館あたりから攻めたい。

  • 図書館より。

    読みやすいエッセイ。博物館、行きたいなぁ。

  • 美術館、博物館の紹介。

  • まるで自分が行ったかのように読める本。
    インタビューした方々が、揃って「いやいや」ではなく「好きで」やってる感が滲んでいて良かった。

    めがねミュージアムとボタンの博物館は特に行ってみたい。

  • しをんさんの博物館巡りレポート。

    結構、マニアックなところに行っていて
    そして、聞き手がよいのでしょう、マニアックさ が巧みな文章でつづられ
    とても面白かったです。

    製紙工場のところで紹介されていた本を、図書館予約入れました。

  • マイナーな美術館も紹介されていて、しをんさんならではの偏愛具合が炸裂していた。

    今まで興味のなかったジャンルの美術館にも、行ってみたくなった。

全81件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

ぐるぐる♡博物館のその他の作品

ぐるぐる♡博物館 Kindle版 ぐるぐる♡博物館 三浦しをん

三浦しをんの作品

ツイートする