ぐるぐる♡博物館

著者 :
  • 実業之日本社
3.55
  • (20)
  • (59)
  • (78)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 689
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408537078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりに三浦しをんのエッセイ(でいいのかな、これは?)を読んだのだけれども、博物館への愛情が真っ直ぐに伝わってきて、登場した博物館はもちろん、これから先、旅先に博物館があるときにはぜひ行く時間を作ろうと思った。

    特に行きたくなった博物館(特にと言うほど絞り込めていない):
    ・龍谷ミュージアム
    ・奇石博物館
    ・大牟田市石炭産業科学館
    ・雲仙岳災害記念館
    ・石ノ森萬画館
    ・風俗資料館
    ・めがねミュージアム

  • <閲覧スタッフより>
    『舟を編む』の三浦しをんによる博物館エッセイ。学術的・科学的なところからマニアックなところまで、10館が紹介されています。友だちが面白かった話をしてくれているような読みやすさ。博物館なんてつまらないと思っていたらもったいない!
    -------------------------------------
    所在番号:069.021||ミウ
    資料番号:10240423
    -------------------------------------

  • まずは王道の尖石と国立博物館は王道。企業博物館的な博物館の紹介かと思っていたけれど、風俗博物館と秘宝館にはアングリ。しをんさんの知識欲に脱帽です。

  • 三浦しをんさんの本を読みたくて探した本。
    しをんさん目線の博物館めぐり。めぐるのが楽しそうなのが、読んでるこちらにも伝わってくる。
    私が行ってみたいのは、萬画館とか尖石かな。しをんさんほどの興奮が味わえるかはわからないけど(笑)雲仙も一度は見てみたいと思う。

  • この中でいったことあるの親玉(科博)のみだけど、ミュージアムおもしろいよね!
    龍谷ミュージアムは行ってみたいなぁ。
    奇石も気になる、アクセス的に行くことなさそうなのが残念だ。
    雲仙はいつか訪ねたいなと思う。
    阪神大震災の記念館もいかないとな。人と防災未来センターね。

    秘宝館は気になるよね~。アムステルダムのその名もセックスミュージアムはその昔悪友とノリだけで行って大笑いしたけど。てか大笑いでもしてなきゃやってられんかったのはあった。
    海外で面白かったのは、拷問ミュージアムかな。正式名は中世なんとかミュージアムだったと思うけど。
    最近は企業ミュージアムが結構好きです。

  • 久々に読んだ、三浦しをんのエッセイ。
    今回は「博物館」について。
    思わず吹き出してしまうほど、どれも魅力的な文章で面白かった。

  • マニアックな博物館ばかり。学芸員さんのいろいろな話もあって興味が湧く。

  • バブル崩壊後、ボタンのサイズが小さくなった
    眼鏡は左のねじが先にゆるむ
    炭鉱の坑道作業の馬、一度入れたら死ぬまで外に出さない

    雲仙は一度行ってみたい
    ボタン博物館は東京に移転?
    私が行ったことがあるのは龍谷だけ
    -------------------------------------------
    茅野市尖石縄文考古館(長野)
    国立科学博物館(東京)
    龍谷ミュージアム(京都)
    奇石博物館(静岡)
    大牟田市石炭産業科学館(福岡)
    雲仙岳災害記念館(長崎)
    石ノ森萬画館(宮城)
    風俗資料館(東京)
    めがねミュージアム(福井)
    ボタンの博物館(大阪)
    書き下ろし「ぐるぐる寄り道編」熱海秘宝館/日本製紙石巻工場/岩野市兵衛さん

  • 福井県にあるメガネの博物館が気になる。今は東京に移転したらしい?
    (p. 60)
    仏教では、この世界をだれが作ったかは問わない。
    要するに、「だれかが世界を作ったのではなく、世界とは関係性から成り立っているのである」という考え方。
    なにごとも関係性で見ていくのが仏教の思考法の特徴です。

  •  10か所の博物館が紹介されています。博物館のジャンルも様々で考古学から自然科学、仏教、メガネ、ボタンんとバラバラです。しかし、共通しているのは、どの博物館の方も熱意を持っておられることです。その熱意が凡人には少々熱過ぎることも…。
    (一般担当/カリカリ)平成30年5月の特集「博物館へ行こう!」

全81件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

ぐるぐる♡博物館のその他の作品

ぐるぐる♡博物館 Kindle版 ぐるぐる♡博物館 三浦しをん

三浦しをんの作品

ツイートする