ぐるぐる♡博物館

著者 :
  • 実業之日本社
3.55
  • (20)
  • (59)
  • (78)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 689
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408537078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 博物館好きの筆者が全国各地の様々な博物館を巡る。
    知らなかった事もいっぱいあり、読んだら行ってみたい!と思うかなーと期待したけど、あんまりそそられる事なく…
    秘宝館は機会があれば行ってみたいかなーw

  • 本文に合わせて的確にカラー印刷の写真ページがその近くに配置されている。
    本文を読みながら写真を見て、ふむふむなど納得するのにすごく都合がいいのだ。
    あの光沢のグラビア印刷とかだと写真わ真ん中辺りとかにまとめて押し込まれてしまってて、すごく読みづらかった。
    が、この本わそんな理不尽?な事わ無くとても快適です。
    (いつもこう云う本の内容とわ関係無い天邪鬼的な感想をつい書いてしまって、しばしばイヤになりまするぅ(^^))

  • 博物館は旅行先でもあんまり行かないし、最後に行ったのはいつだろうってレベルの距離感です。でも、三浦しをんさんの言葉だとすごく面白そうな場所で行ってみたくなったから不思議です。
    めがねとかぼたんの博物館が特に気になりました。

  • 表紙の絵が楽しそう。収集欲の際限なさに人間らしさが感じられた。博物館は人間の進化の歴史なのだろう。

  • 三浦さんが行かれた全国の博物館の紹介。
    私はそのうち2館に行った事がある。
    博物館のイメージは専門性が高く、知識が無いとちょっと入り難いって感じ。
    だけどボタンやメガネなど身近な物の博物館もある。
    ひょいと覗いてみるのもいいよねと思った。

  • 各地にある色々な種類の博物館を紹介した本です。博物館好きにはたまらん内容で、さらに笑いと感動もアリ。もちろん考えさせられる場所もありで、全ての博物館に行きたくなること請け合い。

  • 行きたい博物館が3箇所見つかった。感じたことを書くのがさすが作家さん、面白くまとめてる。

  • 博物館好きの著者が独自の目線で博物館の面白さや意外な1面、驚いた事や、為になることを紹介していく。『石ノ森漫画館』、『風俗博物館』は著者らしさ全開でキラキラしている目が浮かばれる。めがねミュージアムで作ったメガネはより愛着湧くと感じる。自分も行く機会があれば作ってみたいと思う。風俗博物館があることに驚いてしまったが、興味ある人はたまらないだろう。ボタンの博物館はボタンの量に壮観さがあった。紹介された博物館はどれも行きたいだが特に『大牟田石炭産業科学館』、『めがねミュージアム』は行ってみたいと思う。

  • しをんさんがいろんな博物館を紹介してくれる。熱海の、私も行ったことあるー!笑 石ノ森萬画館でめっちゃテンション上がるしをんさんが好き!めがねミュージアムで手作りしたのはフレームは虎柄、テンプルは紅白の市松模様のめがね。なんか目がチカチカしそう〜笑 ボタンの博物館、楽しそうだな〜!

  • 初読。図書館。しをんさんの博物館への愛が溢れだしている。文楽エッセイを思い出す熱さ。そして紹介された博物館の魅力的なこと。しをんさんの高揚した気持ちに引きずられ、読んでいるこちらも楽しくなってきて、どの博物館も今すぐ行ってみたくなる。うここに紹介されていない博物館でも新たな気持ちで見れそう。

全81件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

ぐるぐる♡博物館のその他の作品

ぐるぐる♡博物館 Kindle版 ぐるぐる♡博物館 三浦しをん

三浦しをんの作品

ツイートする