ぐるぐる♡博物館

著者 :
  • 実業之日本社
3.55
  • (20)
  • (59)
  • (78)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 689
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408537078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 10カ所の博物館を巡るのに2年以上かけての取材。
    他の小説などのお仕事もお忙しいのでしょうが、これは博物館を「選ぶ」事に時間を費やしたからなのではないでしょうか?
    時間を掛けて選んだだけあって(本当に…?)面白い博物館ばっかりでした。
    行ってみたい。
    「紙つなげ!」の紹介が載っていたのも◎

  • 著者の三浦しをんは、旅先で博物館を発見したら、とりあえず入ってみるというくらい博物館が好きらしい。
    そんな著者が各地の博物館を訪ね、その様子や魅力をレポートしている。

    紹介されている博物館も様々で、歴史、自然、災害、産業、風俗、漫画と多岐にわたる。

    どういった内容の展示をしているのか、なぜこんな博物館を作ったのかなどを、 学芸員や館長へ取材したり、展示品を見た著者の感想が、多くの写真とともに紹介されている。

    博物館というと、何かと堅苦しいイメージや勉強するところと思ってしまいがちだが、この本を読めば、そういったイメージが変わると思う。
    博物館の方は、来館者に楽しんでもらったり、展示品のことをより知ってもらおうと、いろいろな工夫をしていて、仕事に対して熱い人たちだなと思った。

    美術館はたまに行ったりもするが、博物館はなかなか行くことがなかったように思う。これを機会に、近隣の博物館に行ってみようかなと思った。

    気になった博物館は…

    国立科学博物館
    今までこの分野は本当に興味がなかった。だけど、この本を読んで、ちょっと行きたくなった。ハチ公の剥製が見てみたい。

    奇石博物館
    その名の通り,石の博物館。入ってすぐに館員の方から説明が聞けるところが魅力的。腹筋背筋するというコンニャク石も是非見てみたい!

    めがねミュージアム
    めがねに関する展示のほか、めがねショップやめがねグッズのミュージアムショップもあるとのこと。また、めがね作り体験もできるようで、こちらはかなり気になった。

    図書館スタッフ(東生駒):あおむし

    ----------
    帝塚山大学図書館OPAC
    http://lib.tezukayama-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=1&category-mgz=1&materialid=1100397341

  • しをんちゃん いつもおもしろい

  • エッセイだと知らずに読んだ。
    こういうマニアックなの大好きなので、すごく面白かった。鉱石博物館行きたい!

  • 国立科学博物館、雲仙岳災害記念館、めがねミュージアム…。人類史の最前線から、秘宝館まで、個性あふれる博物館を探検するルポエッセイを収録。

    三浦しをんの好奇心全開エッセイ。往年の東海林さだおや椎名誠のような軽妙洒脱な文体で、ディープな博物館めぐりをする。石ノ森章太郎博物館などは、私は別に石ノ森ファンではないけれど行ってみたいと思わせるほど。
    (C)

  • 楽しく、参考になる本でした!

  • 三浦しをんさんのエッセイが読みたい・・・と、思う。
    博物館探訪記もおもしろかったんだけど。

  • 069

  • 久しぶりのエッセイ新刊だー!豪快なサイン付き。
    普通の小説も良いけど、三浦さんの真髄はこの独特のぶっちゃけ調子だと思うのだ。

    しかも博物館。本とか何でもそうだけど、自分から選ぶのはどうしてもちょっと小奇麗なチョイスを優先してしまうので、こういう「あえて選ぶとこまでたどり着かないところ(もの)の魅力を伝えてくれる」っていうのはありがたい。皆が行きたいところなんてあえて取り上げなくてもいいんだよ!(別の変な切り口でとかならまた別だけども)

    それでも自分の琴線に触れなければ「行ってみたい」とは思わないものだけど、おかげさまでこの本に掲載されているところはもれなく「行ってみたい」レベルに到達しました。おめでとう。
    正直土器とか災害記念館とかは、読み物止まりかなと思っていたけれど、そこで愛を持って働く人の芯のある解説がつくと見方は変わるものだなと。美術館とかでも、対象物と自分だけの世界でありたいと思ってしまうので、音声ガイドとか利用しない派ですが、あれって有名人とかよりも学芸員さんとかのほうが良い気がするのは自分だけだろうか。聞きやすさとか話題性とかはさておき。自分が「何かに突き抜けてる人の熱のある話」が大好きなせいかもしれないが。

    今一番行きたいのは奇石と石炭。あとめがね。

  • ディープな世界を三浦しをんさんによるディープな紹介・解説。三浦節炸裂、面白さ抜群。旅をしないと、その博物館があることさえもわからない。知らない博物館を楽しく紹介してくれた三浦さんに感謝感謝だ。実に興味深い。パート2とか出て欲しいな〜。

全81件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

ぐるぐる♡博物館のその他の作品

ぐるぐる♡博物館 Kindle版 ぐるぐる♡博物館 三浦しをん

三浦しをんの作品

ツイートする