ぐるぐる♡博物館

著者 :
  • 実業之日本社
3.54
  • (20)
  • (60)
  • (80)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 697
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408537078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 色々な博物館があり、展示物と学芸員の解説に妄想を膨らませていく著者のテンションに読者としてはそこまで盛り上がれなかった。
    せめて、写真はカラーでバーンと載せて欲しかった。秘宝館などできないものもあるだろうけど…。

    旅先でメジャーでない博物館に立ち寄ってみると、新たな発見があるかもとは感じた。

  • 博物館好きの筆者が全国各地の様々な博物館を巡る。
    知らなかった事もいっぱいあり、読んだら行ってみたい!と思うかなーと期待したけど、あんまりそそられる事なく…
    秘宝館は機会があれば行ってみたいかなーw

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

ぐるぐる♡博物館のその他の作品

ぐるぐる♡博物館 Kindle版 ぐるぐる♡博物館 三浦しをん

三浦しをんの作品

ツイートする