ぐるぐる♡博物館

著者 :
  • 実業之日本社
3.55
  • (20)
  • (59)
  • (78)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 689
レビュー : 81
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408537078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学芸員さんがマニアックであればあるほど、博物館は面白いのです。

    博物館大好きな著者が、全国の博物館をレポートする本。
    旅行本とかじゃなくて、博物館そのものと、さらにそこで働くひとたちに焦点をがっつり当てた一冊です。

    紹介される博物館も「国立科学博物館」(日本の科学博物館の総本山みたいなところだ)な超メジャーどころから、「石ノ森漫画博物館」や大阪の「ボタンの博物館」みたいな超マニアックな博物館まで多種多様。
    マニアックな人々を描くことに定評のある小説家・三浦しをんさんが、いろんな博物館に携わる人にインタビューしながら博物館の魅力をレポートします。

    そう、この本の魅力は、博物館に関わる人にスポットを当てたことだ。

    博物館を作るには、めちゃくちゃなエネルギーが必要だ。
    博物館の存在意義である資料を、収集して、保管して、展示して、そして深く調査することは膨大な時間と労力がかかる。
    それを実現させるには、学芸員さんはじめ博物館さんの情熱と努力にかかっている。

    だから、学芸員さんがマニアックというか、偏狂というか、いっそ変態であればあるほど、魅力的な博物館ができる。
    本書でも出てくる変な石ばっかり集めた「奇石博物館」みたいな、なんでそんな博物館作っちゃったの?なユニークな博物館ができるのだ。

    本書を読むと、そんなマニアックな学芸員さんを見ることができる。
    ぜひ、著者さんとともに、そんな変態な皆さんに恐れおののきながら〜〜

    「風俗資料館」(東京)をレポートした著者の感想

    ↓↓↓

    これほど専門的な図書館があっていいのか!私が犬だったら、地面に寝転がって腹を見せ、降参のポーズを取りつつ「うれション」をしているところだ。いずれは蔵書を元にBL(ボーイズラブ)図書館を作り、愛好家が集える場所を持ちたいと夢想する身としては、風俗資料館はまさに夢を具現化した先輩である。(p171)

    変態じゃないか!
    著者も十分に変態じゃないか!!


    博物館が好きな人も、変態な人も、博物館に行く前に読んでほしい一冊です。

  • 『舟を編む』『風が強く吹いている』に続いて、しをんさんのエッセイ初読。アラフォーオタク女子の視点がナイス。博物館は運営者の愛と情熱で成り立っているなんでもありのワンダーランド。美術館とは大きく異なる。日本国内だけでもこれだけのバラエティに富んだ博物館があっていろいろな博物館に行ってみたくなる。そこでは、まったく知らなかった世界(結構深い)の展示が来館者を待っている。

  •  三浦しをんさんが,日本のいろいろな博物館を見に行き,それをレポートした本。
     10の博物館と,おまけとして3館について紹介。

     博物館というと,お堅いイメージもあるが,お堅いものだけでなく,面白いもの,ゆるいもの,ニッチなもの,地元の人達とのふれあいも感じられるものと様々である。
     それが,三浦さんの文章でとても面白くなっている。

     上野の国立科学博物館は,オイラもわりと行く博物館だが,猿人やフローレス原人などのくだりは,見てはいたけれどそこまで細かい知識として知らなかったのである。

     また石ノ森萬画館は,この本を読んでぜひとも行きたくなった。
     まず宮城県石巻市まで行くのがオイラにとってハードルが高いのだが,宮城に行くことがあったらぜひともルートに入れたい。

  • はあああああ面白かったあああ
    元々美術館とか博物館とか大好きなので、それをしをん先生の語り口で魅力を知れるなんて幸せ❤️

    鯖江のめがねミュージアム行ってみたいなぁ
    ボタンの博物館は東京に移転したのかな?調べてみて東京にあるなら今度行ってみようっと。

  • しをんさんの博物館巡りレポート。

    結構、マニアックなところに行っていて
    そして、聞き手がよいのでしょう、マニアックさ が巧みな文章でつづられ
    とても面白かったです。

    製紙工場のところで紹介されていた本を、図書館予約入れました。

  • 久々に読んだ、三浦しをんのエッセイ。
    今回は「博物館」について。
    思わず吹き出してしまうほど、どれも魅力的な文章で面白かった。

  • 博物館紹介のような、博物館に行ったエッセイを集めたもののような。ひとつひとつは結構短いので、博物館紹介として読むと物足りないかもしれない。
    だが流石三浦さんというべきか、目の付け所が通常の紹介本とはちょっとずれているので、なるほどと思うところもある。

  • 各地にある色々な種類の博物館を紹介した本です。博物館好きにはたまらん内容で、さらに笑いと感動もアリ。もちろん考えさせられる場所もありで、全ての博物館に行きたくなること請け合い。

  • どの博物館も行きたいが、一番はモチロン風俗資料館である。

  • 思い出してみると博物館って、個人的には行った事って片手で足りるんじゃないか…ってぐらいだけど、この本を読んで、しをんさんを通しての博物館巡りは面白くって、どの博物館も行ってみたくなった。しをんさん流石です。

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

ぐるぐる♡博物館のその他の作品

ぐるぐる♡博物館 Kindle版 ぐるぐる♡博物館 三浦しをん

三浦しをんの作品

ツイートする