少女たちは夜歩く

  • 実業之日本社
3.57
  • (7)
  • (19)
  • (17)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 112
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408537306

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (図書館本)お勧め度:☆5個(満点10個)。タイトルからして、きっとホラーだろうなとは思っていたけど、宇佐美さんの作品はホラー性もあり、ファンタジー性もあり、さらにSFっぽくもある。何というかすべてが混合したような作品が多い。この作品も、とある都市の平山城をめぐる住人の恐ろしい体験をもとに展開する。街の真ん中に鎮座する魔城の森に住む奇妙な生物がそれぞれの短編に絡んでくる。そして人々が奇病でなくなったり、繭の中で死んでいたりと不思議な現象が続く。あまりにも暗い話ばかりで読後感はあまり良くない気がする。

  • 読んでて「あれおかしいな」と思ったところが、最後で「そうだったのか」ってなる。

    ホラーではないけど、ぞわーってした

  • 黒い点がじわりじわりと広がってにじんで、大きなしみになっていくような感じです。いつかの私の姿かもしれない…。

  • 古い城山のある町で、生活する人々。中学校の恩師との愛に狂う少女、苦悩する絵描きの妻、かつて暴力とともに捨てた息子の子供を見守る父親、児童養護施設で暮らす動物と心の通じ合う少年……城を内包する森に、山に人々の情念が惹かれていく。

    最初の二、三話は悪夢のような、嫌な感じなんだけどややぼんやりした印象だったのだけど、四話くらいになって話の繋がりが見え始めてからの楽しさがすごい。特に『酔芙蓉』読んでる最中に、真相の想像がついた段階で一話読み返した時の繋がった感が最高だった。ただの人嫌いかと思ってたら。基本的にホラーなんだけど重苦しくなく、どこか遠い夢のよう。

  • 怪奇小説なのだろうが、2話目で興味がはずれてしまい、3話目以降ようやく構造を把握できたのだが、結局入り込めずに終わってしまった。

  • 読み終わって言葉が見つからない。敢えて言うならば、因果応報の連鎖かな。沸き起こり、心から離れることのない情念に取りつかれた人々。その感情のいなし方、行動のパターンは、遺伝由来の賦質からか、それとも後天環境によって変えられたものなのか。否定してもこの体にあの血が流れ巡る性。宿命か、神のなせる業か、人がコントロールしえない筋書きが綴られた短編の数々。倫理の一線を越える様子が、あたかも自然に違和感ない筆致で、でもそこには幻を見ているような違和感が残る。何ともアンビバレントな感覚でそれがこの作品の魅力でもある。

  • 宇佐美まこと氏3冊目にして、氏の描かれる物語に囚われる。
    四国、松山の城下町を舞台にした短編風に描かれた10編が
    少しだけの謎と結末を迎えないままリンクしていき、
    最後の『おわりのはじまり』で全てがひとつに繋がっていく妙。
    人が陥りやすい弱さや狂気、人の負に連鎖されるように
    起こる怪異を本当に丁寧に物語と昇華される。
    いつのまにか松山の街に私自身も佇み、
    暗い森の中へと歩いていくような錯覚を覚える。
    またまた、もっと他の作品も読んでみたいと
    思わせる作家のひとりと巡り会えた。

  • 一つ一つが奇妙な物語。そして、登場人物が
    少しずつ繋がっていて、どのお話も「町の真ん中に鎮座する真っ黒な山」が怖さを醸し出している。少しずつ明らかになっていく登場人物の行く末と正体。しかし、恐怖の象徴である山の謎はわからぬまま……。負の連鎖の原因はなだったのだろう?人間の闇が死を招いていたように感じた。

  • 松山城下を舞台にした、心がザワザワする短編集。短編集だけど全体が繋がってる構成は昔から好きなんだよねえ。たくさんの人物関係や出来事の前後関係を詰めていく過程が好きで。前作の「骨を弔う」よりこっちのほうが面白かったと思う。

著者プロフィール

愛媛県生まれ。2006年『るんびにの子供』で第1回『幽』怪談文学賞〈短編部門〉大賞を受賞。17年、ミステリー小説『愚者の毒』で第70回日本推理作家協会賞〈長編および連作短編集部門〉を受賞する。日常に潜む怪異を描き、恨みや妬み、欲や貧困など、人の心の闇や怖さを浮き彫りにしたミステリーが高く評価されている。

「2017年 『角の生えた帽子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

少女たちは夜歩くのその他の作品

少女たちは夜歩く Kindle版 少女たちは夜歩く 宇佐美まこと

宇佐美まことの作品

ツイートする