硝子の塔の殺人

著者 :
  • 実業之日本社
4.06
  • (806)
  • (850)
  • (449)
  • (77)
  • (20)
本棚登録 : 10941
感想 : 780
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408537870

作品紹介・あらすじ

雪深き森で輝くガラスの尖塔。この建築物で事件が起こる。謎を追うのは名探偵と医師。著者初の本格ミステリ、今年度の大本命!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 館もののクローズドサークルの本格ミステリです。

    最初はなんで今年度最高峰とか言われるのか全然わかりませんでした。最初の方は普通のミステリーです。

    でも、どんでん返しにつぐどんでん返しで501ページあるのですが、452ページから最後までがもう目にも止まらない速さで一気読みできました。

    十人の色々な職業の登場人物がいますが、名探偵役の碧月夜と医師でワトソン役の一条遊馬のコンビはもちろん主演男優賞、主演女優賞ものの活躍です。すごい役者だと思いました。

    巻末の『硝子の塔の殺人』刊行に寄せてで
    「この作品の内部に、日本の新本格ブームに火をつけたのは島田荘司であり、薪をくべたのは綾辻行人だと解説する一節があるが、そういう二人がこの新作の帯に名を連ね、そして当の知念実希人が特筆すべきこのミステリー史の一時代に終止符を刻むべく、渾身の力作を世に問うとなれば、これはまたうまく時代が廻ったものと、創作の女神の差配を感じる」
    とあるのが、全くその通りだと思いました。

    この作品の仕掛けと本格ミステリ愛には綾辻さんと島田さんが絶賛するのも頷けます。

  • ミステリマニアに向けた本格ミステリ!

    申し訳ない!
    偉そうに言わせてもらうとこれミステリマニアじゃないとしゃぶりつくせないわ
    もう、登場人物からしてミステリマニアなら笑っちゃうくらい完璧

    なんてほんと偉そうに言った自分もミステリマニアには程遠く、せいぜいミステリ好きと言ったレベルでまあ甘めに見積もってしゃぶりつくし度は80%くらいでしょうか
    なんだしゃぶりつくし度って

    知念実希人さんも相当なミステリ好きだよね
    ネタバレ気にせずにミステリ好きの同志と語り合いたい傑作ですよほんと
    ミステリ好きは絶対に読むべき!楽しかった!

    ぎりネタバレにならないかなと思う範囲で一個だけ
    ミステリ好きなら読んでる間ずーっと喉に小骨が引っかかってるような気分になるんですよね
    こんな風に思わせるのが作者の最大の仕掛けだと思うんですが、何が引っかかるのか?
    それは…なんでこの本のタイトルが『硝子の塔の殺人』なのか?!ってことです
    ミステリ好きなら分かってもらえると思うんですがこれってものすごく気持ち悪いタイトルなんですよね(もちろんちゃんと最後にこの気持ち悪さも解消してはくれるけど)

    この物語を読んでこのタイトルに気持ち悪さを感じる人はいっぱしのミステリ好き名乗ってもいいかもw

    • 土瓶さん
      だめだ。
      うきょ神様のことしか思い出せない(笑)

      うきょ(@_@)?
      だめだ。
      うきょ神様のことしか思い出せない(笑)

      うきょ(@_@)?
      2022/11/27
    • ひまわりめろんさん
      80%合ってます!
      80%合ってます!
      2022/11/27
  • これは、、おもしろすぎました。。
    内容および系統は、閉鎖空間で起きた一連の事件の裏で、いくつもの思惑が同時進行していた、というもの。
    これだけ聞くとありがちに思えますが、その同時進行具合が半端じゃないです。
    同時進行してたという事実の解説パートに入ってからは、色んなことがくるくるひっくりかえる展開に異常に惹きつけられます。
    この小説を楽しむには一気読みがオススメです。時間があるときに読みましょう。

  • えっ!これはすごい!!!

    知念実希人さん、初の本格ミステリーとのこと。
    クローズド・サークルとなった「硝子の塔」で起きる連続殺人。名探偵碧月夜が医師一条遊馬とともに謎を解き明かしていく…

    オーディブルで会社から帰宅の道のり、暗い夜道をトボトボ歩きながら聴いてましたが、中盤から背筋がゾォ〜っとしっぱなしで…いやー、ヤバかった。

    本屋大賞ノミネートは間違いなし、と見た。
    ミステリー好きは必読の書なのではないでしょうか。

    それにしても、碧月夜のキャラクター、素晴らしいです。シリーズ化を希望!

    • たけさん
      読んでください!
      読んでください!
      2021/09/05
    • まことさん
      たけさん。おはようございます!

      私も、図書館でちょうど順番が(2番目です♪)きていたので、たけさんのレビュー、じっくり拝見してしまいま...
      たけさん。おはようございます!

      私も、図書館でちょうど順番が(2番目です♪)きていたので、たけさんのレビュー、じっくり拝見してしまいました。
      最後の方になって、なんでたけさんはシリーズ化希望なんて書いていたの?この展開でシリーズ化はありえないでしょう。と突っ込みながら読んでいました。
      でも最後の最後まで読むとこれなら名探偵、碧月夜の再登場もあるかもしれないと思えました。
      シリーズ化希望は、たけさんの真似っこになるので書きませんでした。
      (*^^*)
      2021/09/12
    • たけさん
      まことさん、おはようございます!
      コメントありがとうございます。

      ネタバレにならないよう感想書いているつもりですが、「シリーズ化希望」はあ...
      まことさん、おはようございます!
      コメントありがとうございます。

      ネタバレにならないよう感想書いているつもりですが、「シリーズ化希望」はある意味ネタバレだったのかも笑
      まさしく、最後までどんでん返しに次ぐどんでん返し。主人公の一条遊馬からして最初から信じられないし、名探偵もあやしい…。誰も信じられない展開で、どこに辿り着くのか?
      すばらしいミステリー小説でした。
      2021/09/12
  • 困った(´・_・`)
     
    読書の好みは、食べ物の好みと似ているのかもしれない。
    好き嫌い、多い系です。
    ねっとりと味の濃いものが好きです。
    本書は……残念ながらわたしの好みではなかった。
    ミステリーは好きなんですよ。
    でも、いわゆる「本格」「新本格」と呼ばれるものが苦手です。
    だからあの有名な島田荘司さんの作品も未読です。何度も古本屋で手に取るも、中をパラパラとめくり「うん。やっぱり向いてないなぁ」と棚に戻すことを繰り返している。
    なのに綾辻行人さんの作品は好き。横溝正史さんと同様にホラーテイストが好きなのかな?
    細かすぎるなぁ、自分の好み。
    さっぱり系のミステリーは苦手です。残念。
     
    内容は、綾辻行人さんの「館」シリーズを彷彿させるような異様な「塔」で起こる惨劇。
    集められたミステリーマニアや関係者の口から上がる過去の名著の数々にニヤリとさせられます。
     
    好き嫌いなく、なんでも楽しめるようになりたいなぁ~。

  • まことさん、たけさんのレビューを読んで、何!?世の中にこんな作品が生み出されていたのか!?
    と、もうレビューを読んでる最中にAmazonでポチっとやってしまった。

    積読がいっぱいある中、これが届いた瞬間から読みたくて!読みたくて!!

    クローズドサークルでしよ!
    フーダニットでしょ!

    帯がね、島田荘司に綾辻行人!!
    もうそれだけで、心臓掴まれる。

    読んでいくと、もうね、何これ?
    ミステリ好きの為の作品!
    島田荘司、綾辻行人ファンにはたまらない。

    謎解きの方も、どんでん返しも、ミステリにもうネタは残ってないでしょ?ってなこの時代なのにビックリな展開。

    読んでいる間中、ゲラゲラ笑ったり、ドキドキしたり、もう本当に最高!!
    こんな素敵な時間をありがとう!!!

    • bmakiさん
      まことさん

      素敵な本をご紹介下さり、ありがとうございました(*^^*)
      まことさんの本棚は、私の次の本を探すのに大変参考にさせて頂い...
      まことさん

      素敵な本をご紹介下さり、ありがとうございました(*^^*)
      まことさんの本棚は、私の次の本を探すのに大変参考にさせて頂いております。アンテナが低いので、新しい本の知識が全く無い中、まことさんはいつも面白そうな本をたくさん読んでおられるので(*^^*)

      メディウム、未読です。こちらもポチっとやってしまいます(*^^*)
      2021/09/26
    • たけさん
      bmakiさん!
      でしょ!でしょ!

      この作品、すごいですよ!
      知念さん初の本格ミステリーということですが、極めてしまった感がありま...
      bmakiさん!
      でしょ!でしょ!

      この作品、すごいですよ!
      知念さん初の本格ミステリーということですが、極めてしまった感がありますよね。ほんとに読んでいて楽しくて素敵な時間ですよね!
      2021/09/26
    • bmakiさん
      たけさん

      本当ですね!これは凄い!
      知念さんは恥ずかしながら一冊も読んだことがなかったのですが、今後注目していきたいと思います!
      ...
      たけさん

      本当ですね!これは凄い!
      知念さんは恥ずかしながら一冊も読んだことがなかったのですが、今後注目していきたいと思います!

      綾辻さんファンには堪らない一冊でした!幸せになりました(*^^*)

      ご紹介いただきありがとうございました。
      2021/09/26
  • これは…全く予想外の展開!びっくり!!

    舞台は、スキー場跡地にポツンと建てられた円錐状のガラスの建物の中。
    ミステリ愛好家である館の主人に招かれた客は6名。
    医師、刑事、自称名探偵の女性、霊能力者、ミステリ作家、そして雑誌の編集長。
    ほかに、館で働く執事、料理人、メイドの3名が登場。

    第一の密室殺人が起こり、客と従業員はパニックに。
    警察を呼ぼうにも、雪崩でアクセス不能。
    三日後には警察が到着するらしいとのことになったものの
    その後 ケーブルが切断されて通信もできなくなってしまう。
    そして、第二、第三の密室殺人が起こり…。
    「自称 名探偵」の月夜が論理的に推理を進め、事件の真相に迫ろうとする。

    と、ここまではよくある密室殺人事件の展開なのですが、
    事件解決間近と思われた直後に、え~っ?!
    と、二転三転…。
    ジェットコースターに乗っているような高揚感。

    この作品には、実名で出てくるミステリ作家がたくさんいました。
    そして彼らの作品や登場人物たちについての言及も。
    知念氏自身が相当なミステリフリークのようです。
    ん~~。
    全部 知ってたら、さらに楽しめたんだろうなぁ。

    ジェットコースターがやっと目的地に着き、ホッと一息。
    頭の中がまだ クルクル 動いていて完全には静止できない状態。
    そして、エピローグ。
    あれれ? この爽やかな終わり方、これでいいのかな??



    追記:長時間 移動をしなくてはならなくなったため、オーディオブックに初挑戦。
       手ぶらで充分楽しめて 良かったです。

    • 松子さん
      yyさん、こんにちは(^^)
      オーディオブック⁉︎
      すごい!聴く読書でこんな素敵なレビュー!
      私も聴く読書しますが、感想がうまくまとまらなく...
      yyさん、こんにちは(^^)
      オーディオブック⁉︎
      すごい!聴く読書でこんな素敵なレビュー!
      私も聴く読書しますが、感想がうまくまとまらなくて(^^; レビューが書けないんです…

      長時間の移動…、ご旅行でしょうか
      どうぞ素敵な時間を〜(^^)
      2022/12/30
    • yyさん
      まっちゃん、コメントありがとう☆彡

      初体験ですよぉ~! オーディオブック。
      クリスマスにちょっと遠くまで出かけたのだけど、
      現地集...
      まっちゃん、コメントありがとう☆彡

      初体験ですよぉ~! オーディオブック。
      クリスマスにちょっと遠くまで出かけたのだけど、
      現地集合のため、道中はひとり。
      ちょっと寂しいなと思って、お伴になってもらいました。

      たしかに、目で読むのとは違う感覚。
      でも、作品が面白かったので
      帰ってすぐ、忘れないうちにと 焦って書きました。
      ブクログのお陰で、忘れっぽい私の脳もフル回転。
      ありがたや。

      昨日からは、買い物や掃除で、もうバタバタ。
      現実はそんなに甘くない。
      年末年始に帰ってくる子供たちのための
      「飯炊き婆さん」と化してます (^^;)

      2022/12/30
    • 松子さん
      年末年始に帰ってくる子供たちのために…
      うぅーん、やっぱりyyさんは素敵な女性です!
      どうぞ素敵な時間を〜♡
      年末年始に帰ってくる子供たちのために…
      うぅーん、やっぱりyyさんは素敵な女性です!
      どうぞ素敵な時間を〜♡
      2022/12/30
  • わたし、金田一少年の事件簿が大好きだったんですよ、子ども?の頃。
    出だし、そんな感じで「わぁ、なんだか懐かしい…」って読みつつ。
    元々ミステリってあまり読まないから知識がないのですが、キャラ立ち過ぎる女性が出てくるのは鉄則なのか?(メディウム参考)と思いながらちょっとワクワクしながら進んで行きました。
    からの、謎解き辺りからえっ?どーゆーこと??そーゆーこと!?えっ?違うの?なんて??

    とにかく、何度もビックリしました。
    と、いう事でした。

    トリックなんて全くわからなかったけど、面白かった!

    そして、本の中に出てくる沢山のミステリはゆくゆく読んで見たい!特に「十角館の殺人」

    ミステリなので何が、ネタバレでしょ!って言われるかわからず「ネタバレ」にします。

  • どこをとっても興奮、の一冊。

    硝子館での惨劇は前評判もだてじゃない面白さ。

    事件、緊張感、推理、ミステリ談議が何層にも重なり合い、どこをとっても興奮しかない。

    そして推理ショータイムは感嘆の吐息とじらされ感、緊張感の繰り返しで興奮は止まらない。

    特に第一の殺人への推理過程に絡む二つの緊張感は半端ない。

    華麗なる推理も幕閉じかと思いきや、新たな思いもよらぬ情報、展開に更なる興奮、ラストまで息をつけぬ駆け抜け感。

    疑いを確信へと導いていくその過程の鮮やかさには脱帽。

    もう!ますますミステリ魂に火がつけられてしまった。最高!

    • たけさん
      くるたんさん♪
      まことさん♪

      本と関係ないですが、僕も明日2回目です。
      くるたんさんお互いに接種後、平穏だといいですね。
      くるたんさん♪
      まことさん♪

      本と関係ないですが、僕も明日2回目です。
      くるたんさんお互いに接種後、平穏だといいですね。
      2021/09/17
    • まことさん
      たけさん♪
      くるたんさん♪

      お二人とも、どうぞお大事になさってくださいね!
      たけさん♪
      くるたんさん♪

      お二人とも、どうぞお大事になさってくださいね!
      2021/09/17
    • くるたんさん
      たけさん♪まことさん♪

      わぉ!たけさんも明日!一緒ですね♫
      副反応が軽いと良いですよね。
      お互い頑張りましょう¨̮♡
      たけさん♪まことさん♪

      わぉ!たけさんも明日!一緒ですね♫
      副反応が軽いと良いですよね。
      お互い頑張りましょう¨̮♡
      2021/09/17
  • 山奥に建てられた硝子の塔に閉じ込められたクセのある面々が、連続殺人に巻き込まれる本格ミステリー。

    これは面白い! 圧倒的に★5
    良く言えばミステリ―のフルコース、悪く言えば、めちゃくちゃw

    ただストーリー構成や登場人物、トリックの品質は完全に一級品。知念実希人が描くどまんなかの本格ミステリーは最高級レベルの出来だと思いました。
    本格ミステリー愛にあふれた作品で、次々と実作品や名探偵が出てくる出てくる。まさか某館シリーズの有名キャラクターまで出てくるとは。ひっくり返りました。

    なんといってもキャラクター月夜が魅力的すぎる。愛さずにはいられませんっ もう夢にでちゃう。そしてメイントリックも奇想天外、わかんねーよ。でも超スゴイ。

    知念実希人の作品は大好きですが、本格を本気で書くと、もう天才領域ですね。いい意味で狂ってます。
    新本格ミステリーにはまってしまったミステリーマニアこそ、読まないといけない作品です。おすすめどころか必読です。

全780件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1978年、沖縄県生まれ。医師。2011年、第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞し、『誰がための刃 レゾンデートル』で作家デビュー。その他の作品に『ブラッドライン』、『優しい死神の飼い方』、『天久鷹央の推理カルテ』などがある。

「2022年 『祈りのカルテ 再会のセラピー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

知念実希人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
東野 圭吾
東野 圭吾
知念 実希人
知念 実希人
凪良 ゆう
東野 圭吾
朝井 リョウ
知念 実希人
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×