ある日、アヒルバス (実業之日本社文庫)

著者 :
  • 実業之日本社
3.70
  • (48)
  • (149)
  • (111)
  • (14)
  • (2)
本棚登録 : 778
レビュー : 115
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408550084

作品紹介・あらすじ

アヒルバス入社五年の観光バスガイド・高松秀子(通称デコ)はわがままツアー客に振り回されたり、いきなり新人研修の教育係にされたりと悩み多きお仕事の毎日。さらにある日、アヒルバスを揺るがす大事件も起きて…笑いあり、感動ありのバスガイドたちの姿を東京の車窓風景とともに生き生きと描く。文庫のための書き下ろし短編・東京スカイツリー篇(「リアルデコ」)収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なかなか面白かった。
    どんな仕事でも新人って大変。
    新人バスガイドを指導する、デコ、亜紀、鉄板母さんがそれぞれ個性的で
    面白い。

    デコのガイドする、東京バスツアー行ってみたいな~
    きっと楽しいだろうな。もちろん運転手は小田切さんで!!

    山本幸久さんの本は初だったけど、読みやすいし面白い。
    ほかの本も要チェック!

    • まろんさん
      noboさ~ん♪

      私、好きなんです、山本幸久さん!
      キャラクターが生き生きと動いていて、読者へのサービス精神に満ちていて♪
      この本でも、や...
      noboさ~ん♪

      私、好きなんです、山本幸久さん!
      キャラクターが生き生きと動いていて、読者へのサービス精神に満ちていて♪
      この本でも、やりたくないのに~なんて言ってるくせに
      やり始めると一生懸命になっちゃうデコが可愛くて。
      そしてこのあと、アイスの売り場に行くと、ついついピノに目が行ってしまう私です(笑)

      山本幸久さんの本で私が一番好きなのは『幸福ロケット』。
      出てくるこどもたちが愛おしくて、一緒になって笑ったり泣いたり
      抱きしめたくなるような本なので、機会があったらぜひ(*'-')フフ♪
      2013/03/03
    • nobo0803さん
      まろんさん

      初、山本さんだったんですがはまりました!!
      出てくるキャラクターが個性的なのと一生懸命頑張る姿がいいですよね~

      ピノ、子供が...
      まろんさん

      初、山本さんだったんですがはまりました!!
      出てくるキャラクターが個性的なのと一生懸命頑張る姿がいいですよね~

      ピノ、子供が好きでよく買うんですよ。
      そういえば、たま~に星形のピノがありました。
      子供が「これは特別なピノやで~」と大切に残して最後に食べてます♫
      2013/03/03
  • 幼稚園バッグのような可愛らしい黄色と
    お風呂に浮かべたくなるようなアヒルが描かれた表紙にひとめ惚れして
    衝動買いしてしまったこの本。

    このきっぱりとしたビタミンカラーの表紙そのままに、楽しい♪
    そして、もりもりと元気が出ます!

    「グワワワ グワワワ」というリフレインも珍妙な社歌を持つ
    (株)アヒルバスに勤めて5年目のバスガイド、デコ。

    おばあちゃん3人組には老チャットモンチー、
    おじさん4人におばさん1人のグループにはサザン、
    おじいさん7人組には笑点、ラフな格好のおじさん5人にはオレンジレンジ、と
    絶妙のネーミングをして、その日のツアー客の顔をしっかり覚え

    『ディープな東京でドキドキ!』ツアーでは、ビールケースに乗っかって
    おばさま達のアイドル板チョコ三兄弟の割れた腹筋が映えるよう照明を当て
    おばさま達が三兄弟のビキニパンツに上手にご祝儀のお札をはさめるよう
    腰から下のマネキンまで用意してバスの中でコツを伝授し

    へとへとになって帰った寮で自分へのご褒美としてちびちび食べるアイス、
    ピノのマルチパックの中にごくごく稀に入っている、☆の形の「願いのピノ」を
    恋愛成就のために使うはずが、結局は指導役を押し付けられた新人バスガイド達の
    初めてのガイド実習の成功のために惜しげもなく使ってしまう

    そんなデコが、とてもかわいい♪

    名前だけじゃなく、角度によってはオダギリジョーに似ていなくもない(?)
    拡大解釈の得意な運転手の小田切次郎、

    ピコピコハンマー片手にデコの新人教育を手伝いつつ
    斬新なツアーを提案して女性バスガイドの地位向上を目指すガイド仲間の亜紀、

    ござる言葉がかわいい息子のカオルくんを保育所に送り迎えしつつ
    シガニー・ウィーバー+リンダ・ハミルトン並みの強靭な筋力で
    新人教育の責任者として辣腕を振るい、不埒な客にはキックを炸裂させる鋼鉄母さんなど
    デコを取り巻く面々も魅力的で、

    研修メニューの早口言葉「バスガス爆発」に、こんなことは在り得ないと文句をつけたり
    研修中なのにお手玉ばかりしていたり
    17号なのに11号と、制服のサイズを過小申告したりしていた新人5人も
    デコの頑張りに免じて、最後には一緒になって応援したくなってしまう、

    470ページという厚みも、大笑いしながら爽快に駆け抜けてしまえるような
    楽しい楽しい1冊です♪

  • お仕事に対して、まっとうにがんばる人たちのお話。みんな、自分の長所と短所をかかえながら、きちんと自分の道を進んでいくのが眩しい。
    いろんなことが辛くなったら読みたい本。

  • バスガイドさんの奮闘記。
    文句なしに応援したくなるし
    捕物帖まででてきて面白い。
    思わず肩入れしたくなっちゃう主人公とともに巻き起こるドタバタ劇がクセになりそう。
    小田切くんとの今後がとっても気になる。

  • 楽しめたけどちょっと長い。
    この人の本はみんな幸せになっていいなーって思うけど、読んだ後はごりごりに暗かったり意地悪い話が読みたくなる。人間って不思議。

  • エンタメお仕事小説。

    アヒルバス入社5年目のバスガイド:秀子は
    セクハラまがいのお客様の対応や、
    退屈しているお客様を楽しませるために、日々格闘中…。
    そんな中、新人教育のサポートを指名される。
    自らも「半人前」であったために。再度新人教育を受けさせられるは、
    超個性的な新人達にナメられるは、で大苦戦。
    そんな中、同期のアキちゃんから
    アヒルバス「革命」のお誘いを受け…。

    『凸凹デイズ』が良かったので、本作も手に取ってみました。
    『凸凹デイズ』と全く同じ系統なのですが、ネタが豊富でとにかく飽きさせない。
    きっとこの作家さんは、インタビューが上手で、
    なおかつ笑のツボを常に意識している方なのだろうな
    と思って読みました。

    私も入社5年目ということもあり、
    デコには親近感わきっぱなしでした。
    こういう自分を卑下せず、前向きに、素直に、頑張れる人は本当に素敵だと思う。

    デコ以外も、魅力的な人がたくさん出てくるので
    読んでいてただただ楽しかったです。
    凹組の浦原ちゃんも出てきたし。

    はとバスツアーに参加したくなるね。
    ナイショでナイトがいい。笑

  • 楽しく読みました!“お仕事小説”というジャンルがあるんですね~。「今日も一日お仕事がんばろう」という元気が湧いてきます。

  • バスガイドの秀子が、がんばるお話です。

    チェキっ子こと「くぅちゃん」がいい感じ(・∀・)
    その他のサブキャラも生き生きして、個人的には好み。
    偽ブランドの自転車にワロタw

    山本幸久の十八番!
    仕事を頑張りたくなる一冊です!

  • アヒルバスという名前がほのぼのしてて良いですよね^^

    ごく普通の主人公デコ(バスガイドさん)が、一生懸命ガイドをしたり、風変りな新人を教育したり、悪と対峙したり、また最後はホロリとするお話。

    楽しそうな情景が浮かんできて、デコに感情移入しやすく、スラスラと読めました☆

    社歌がつい口ずさみたくなるフレーズ^^
    バスツアー行ってみたくなりました♪
    (中央図書館)

    • まろんさん
      はじめまして。フォローしていただいて、ありがとうございます!まろんです。

      山本幸久さんの本って、読者を楽しませたい気持ちが溢れてくるようで...
      はじめまして。フォローしていただいて、ありがとうございます!まろんです。

      山本幸久さんの本って、読者を楽しませたい気持ちが溢れてくるようで、大好きです♪
      この本も、怪しげなツアー先で照明係まで請け負ったり
      自分もいっぱいいっぱいなのに、新人教育まで引き受けて
      ひたすらがんばるデコちゃんが可愛くて、思わず応援したくなりますよね。
      あの珍妙な社歌も傑作だったし、読んだあと、うちではアイスを買うときの
      ピノの購入率が一気に高まりました(笑)

      食べて、寝て、本を読むのが幸せ、というmeriiiさんに、
      「おお!同志よ!」と勝手に共感を抱きつつ、
      バラエティに富んだ本棚と、素直で飾らないレビューを
      これからも楽しみにしています。
      どうぞよろしくお願いします(*^_^*)
      2013/01/16
  • 仕事の内容は誰かに決められても、それをいかに自分らしくやっていくかで「私のお仕事」になっていくんやなぁ。日々のルーチンは「それ自体が楽しい」かどうかではなくて、「それを楽しくやる」かどうかで変わってくる。

全115件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山本 幸久(やまもと ゆきひさ)
1966年生まれ、東京都八王子市出身の漫画家。中央大学卒業後、編集プロダクション勤務を経て、2003年「笑う招き猫」で第16回小説すばる新人賞を受賞し作家デビュー。2006年、『笑う招き猫』で第2回酒飲み書店員大賞を受賞、後年ドラマ化・映画化された。
他の著書に『凸凹デイズ』、ドラマ化された『ある日、アヒルバス』、『ヤングアダルトパパ』など。

ある日、アヒルバス (実業之日本社文庫)のその他の作品

山本幸久の作品

ある日、アヒルバス (実業之日本社文庫)に関連するまとめ

ある日、アヒルバス (実業之日本社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする