水を打つ(下) (実業之日本社文庫)

著者 :
  • 実業之日本社
3.90
  • (29)
  • (79)
  • (31)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :353
  • レビュー :45
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408550121

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 堂場舜一のスポーツ小説はやっぱり面白い。
    この本は、競泳、メドレーリレーの世界を描いています。
    この本が書かれたのは2010年なのですが、舞台は東京オリンピック。
    読みながらちょっと不思議な感じがしました。
    スポーツを観戦して感動することがしばしばあります。
    一瞬のための努力。
    そこにはすさまじい時間と力が注がれるのだということを思い知らされる。
    感動の陰にあるものを思いつつ観戦したい!と改めて思いました。

  • 不許可となった高速水着メーカーの内紛。
    各選手の体調、精神面の悩み。
    現役引退したコーチの苦悩。
    そして何よりひたすら自分のうちに閉じこもる天才スイマー。
    様々な問題がもつれ合いながら、重層的にクライマックスのメドレーリレーへと集約する。
    結果はあらかじめ想定内とはいえ、やはり読み手の心を熱くする。著者の持つ筆力のなせる業(わざ)か。

  • 水着の認可の行方・選手からコーチへの転進・各選手達の調整・小泉に何があったのか、そしてオリンピックの結果までずっとヤキモキしました。競泳は純然たる個人競技であるのに、そのタイムの良い者だけを集めてリレーのメンバーを選んでも足し算の様には簡単にいかないもどかしさにはハラハラしました。…つまり、最後、良かった。これでオリンピック応援のウォーミングアップできた。がんばれニッポン!

  • 東京で行われるオリンピック。競泳陣はそれぞれと向き合うと同時に、チームの事も考えなければならないという葛藤に悩まされます。新星・小泉は力を発揮する事が出来るのかが見所だと思います。

  •  視点を分散して多層的なドラマ構成を狙ったんだろうけど、結局どれもこれも中途半端に終わった感……(´ェ`)ン-…
     特にミステリータッチの小泉の過去探索、最後まで納得がいかずモヤモヤ……発達障害の一種ってこと?……(´ェ`)ン-…
     水着メーカーの内情も、それだけ専念して書いてれば「陸王」ならぬ「水王」になってた可能性も……(´ェ`)ン-…

     ラストの決勝シーンでは、さすがに胸熱……にはなったけど、とにかく全体に「言わずもがな」「蛇足」「言わぬが花」の一文二文が多く、ちょっとダレ気味……(´ェ`)ン-…
     これ、ドーバー作品すべてに共通する特徴だなあ……(´ェ`)ン-…
     2割削減すれば、スッキリするのに……
     あくまで個人的な好みだから、好きな人は好きなんだろうけど……(´ェ`)ン-…


     ま、前巻レビューで書いたとおり、ほんと時期的にジャストタイミングな読み方をしたのは儲けものだった( ´ ▽ ` )ノ
     がんばれニッポン、ウルトラソウル、ヘイッ!( ´ ▽ ` )ノ

    2018/05/20

  • メダリストのスイマーが引退し、始めた慣れないコーチ業。
    次代のエースは、なぜか頑なに孤立を選び、選手たちの仲も悪いまま。
    さらには、日本が積極的に取り入れていた水着が認められないことに……。
    東京オリンピックの水泳はどうなってしまうのか?

    コーチとなって変わっていく姿、チームのキャプテンとして変わっていく姿、もがくエースの姿、それを見守る水着メーカの姿、それぞれが描かれていて面白いです。

  • コーチとなった今岡は小泉とコミュニケーションを何とかとろうとする。
    だが小泉の他を遮断するような態度は変わらない。
    その原因は何か?
    今岡は小泉の過去をたどり始める。
    リレーとは、競泳に限らず陸上競技でも駅伝でも次の人にレースを引き継ぐということが絶対条件だ。
    バトンがない競泳のリレーでは息をあわせないと最高の状態で引き継ぐことは難しい。
    チームがひとつにならないと。
    その思いは今岡を、そして矢沢を動かしていく。
    「FS-1」に翻弄される選手たちこそいい迷惑だろう。
    メーカーにはメーカーの努力が必要で、物語では無能な上司ひとりの責任のように描かれていたが企業ならば二重三重に対策を考えておくべきでは?と思った。
    熾烈な企業競争は仕方のないことかもしれないが、競技者である選手が巻き込まれるようなことは二度とあってはならないと感じた。
    終盤に用意されていたオリンピックの本番。
    やり直しはきかない一発勝負のメドレーリレー決勝。
    すべてはこの感動のために長い物語があったのだと納得できるラストだった。
    チームとはどんなものなのか?
    ひとりひとりの選手に求められているものは何なのか?
    それぞれの登場人物の描き方が丁寧で物語に深みを与えていた。
    堂場さんの描くスポーツの世界は本当に素晴らしい。

  • オリンピックを目指す水泳選手たち。
    メドレーリレーでメダルを取れるか⁈
    水着問題を絡めて、選手やコーチの心情が描かれる。

  • ハッピーエンドで終わってヨカッタヨカッタ‼️

  • ネタバレになるのであまり書けないのですが、ほぼ予想通りに展開します。
    小泉くんがなぜあんな振る舞いをするのか。
    このなぞが解かれます。
    孤高のエースと言えばかっこいいけど。

    今岡の奥さん、矢沢の彼女のいずれもが、相手を物凄く思いやる姿勢、それも自然な形で。
    素敵だなぁと思った。
    スポーツマンなのに中学生みたいなところが子供っぽくてカッコ悪いが、一気に雪融けするとこなんかも男だなぁと笑えた。

全45件中 1 - 10件を表示

水を打つ(下) (実業之日本社文庫)のその他の作品

水を打つ(下) Kindle版 水を打つ(下) 堂場瞬一

堂場瞬一の作品

水を打つ(下) (実業之日本社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする