ムーヴド (実業之日本社文庫)

著者 :
  • 実業之日本社
2.89
  • (1)
  • (2)
  • (9)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408550213

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 離婚した女性が、自分を見つめ直し成長するお話。ラストが唐突な感じ。

  • 谷村志穂さんの長編は初めて読みました。読みやすいし、いい意味で平凡でした。特にネコが出てきたり、家族の何気ない関係とか。2日で読了。また別の作品も読んでみたくなりました。

  • 佐緒里は前から住みたいと思っていた賃貸マンションに引っ越しました。きっかけは、5年連れ添った夫から突然の離婚申し出。そしてあっさりとした彼女の受諾。

    引越当日1階の彼女の部屋の庭先に1匹の仔猫が迷いこんできました。でもこのマンションはペット禁止。

    勤めを続けながら、仔猫の引き取り手を探すうち、
    ずるずると日々はすぎていきます。

    ところが、仔猫の<プチ>を媒介に、やっかいな付き合いが、会社に、マンションにできてきます。
    そんなつながりも、彼女はずるずるとひきずります。

    そこに離婚をきっかけに、仔猫のプチをきっかけに、
    変化の荒波に身をまかせた"ずるずる"となると、時間がたつにつれ、けっこう違う結果を招くものですね。

    周りが悪意をもっていれば悪い方へ、善意をもっていればいい方向へ、の変化が待っています。

    ちょっとほっこりした安心感を、ちょっと勇気をくれる1冊。

  • 引越しは、区切り、節目、気分転換、などなど…。
    また新しいことを始められそうな気分にしてくれます。
    最後の展開はどうなのって感じでしたが、気持ちよく読めました。

    私もここに10年、そろそろ引越ししたくなりました。

  • 30歳で、離婚によって、あたらしい自分を発見するお話でした。
    ちょっと、それってという部分もありましたが、登場人物のキャラクターがはっきりしていておもしろかったです。

  • ラストの転身、決断のきっかけが見えなかったけれど、結構おもしろかったです。
    30歳の主人公でも、だんだん年齢の開きを感じられなくなってきた。それもまた事実。

  • 110123

  • 不倫相手の妊娠により夫から離婚を言い渡された佐緒里、引っ越しをして
    心機一転を図る。捨て猫を拾い、レズビアンの女性と知り合い、元夫と関係をもつ。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1962年、北海道生まれ。北海道大学農学部卒業。90年『結婚しないかもしれない症候群』がベストセラーに。2003年『海猫』で島清恋愛文学賞受賞。著書に『余命』『黒髪』『尋ね人』『大沼ワルツ』等多数。

「2017年 『チャイとミーミー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ムーヴド (実業之日本社文庫)のその他の作品

ムーヴド 単行本 ムーヴド 谷村志穂

谷村志穂の作品

ツイートする