戦国女人抄 おんなのみち (実業之日本社文庫)

著者 :
  • 実業之日本社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408550275

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  戦国時代に生きた7人の女性の姿を、史料を掘り起こし著者の想像を交えて物語風にまとめたもの。信頼できる史料の少ない時代なので小説的な想像力を織り込む余地が大きく、そこが作者の腕の見せ所だろう。まさにいかにも佐藤雅美らしい物語に仕上がっている。
     いつの時代も女性は歴史に翻弄されるあるいは父や夫のいいなりに、などというのは表向きの話で、心ある男性ならばいつの時代も女は強いものと身に沁みてわかっているだろうが、これを読むとまさにそれが実感できる(笑)。今年の大河ドラマは観ていないので、「お江」がどんな展開になっているか知らないけれど、これを読むと確かにテレビドラマにふさわしい波乱万丈の猛女だったことがわかるし。NHK向きではないようなきもするけど。
     ただ、この作者はいつもながら人を見る目が優しい。大きな歴史の流れの中では、どんな強い人間だとて所詮は運命に翻弄されていくものだ、ということがわかっているからだろう。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1941年兵庫県生まれ。早大法学部卒。85年『大君の通貨』で第4回新田次郎文学賞、94年『恵比寿屋喜兵衛手控え』で第110回直木賞を受賞。おもな作品に『物書同心居眠り紋蔵』『八州廻り桑山十兵衛』『縮尻鏡三郎』『町医 北村宗哲』などがある。

「2016年 『侍の本分』 で使われていた紹介文から引用しています。」

戦国女人抄 おんなのみち (実業之日本社文庫)のその他の作品

佐藤雅美の作品

ツイートする